中国・深センのスタートアップEEGSmart社が、脳波バンドでハンズフリー操作できる驚異のドローン「UDrone」を開発しました。
ウソみたいな話ですが、多くの海外メディアがレビューで「脳波操作」を披露しており、どうやら本当みたいです。

製品化に向けてKickstarterでプロジェクトが始動しており、1,169香港ドル(約16,000円)からのプランが用意されています。
ほぼ目標額を達成していて、2019年4月にリワードが発送される予定です。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2118.JPG

念ずれば飛び立つ

「UDrone」は手のひらサイズのコンパクトなドローン。
HDDカメラ搭載で、写真や動画も撮影可能ですが、肝心なのはそこではありません。

付属のヘッドセット「UMind Lite」が脳波を読み取り、念じるだけでさまざまなコントロールが可能。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2119.JPG

離陸を脳内でイメージすればドローン飛び立ち、方向転換や高度調整も脳内でイメージするだけとのこと。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2122.JPG

操作範囲は20メートルで、最大高度は2.5メートル、約25分間飛ばせます。
ジェスチャー操作にも対応し、写真撮影はまばたきを2回するか、ピースサイン。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2121.JPG

動画撮影にも対応し、リアルタイムでスマホに映像も飛ばせます。
脳内で行く方向をイメージして操作するのに、その景色をカメラでとらえて自分のスマホで見るって、操作が混線しないのでしょうか……?

なお、奥歯を2秒間かむと、ドローンが着陸します。

海外メディアがレビュー済み

ちょっとオーバーテクノロジー過ぎる気がしないでもないですが、New Atlas(Gizmag)やGigadetなどの海外メディアで、実際に「UDrone」を脳波コントロールするレビュー動画も掲載されています。

1:04

スマホもコントローラーも使わず、思った通りに飛ばせるドローン。
未来すぎて想像できないですが、一体どんな操作体験なんでしょうか。
ううむ、一回触ってみたい……!

2019.03.16 bouncyより