_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1977.JPG
胆石症

胆のうは肝臓の下面に付着して胆管に連続した袋状の臓器で、胆汁を濃縮して蓄えており、食事の際に収縮して濃縮胆汁を搾り出すことで、より油分の多い食事を効率よく摂取できるような仕組みになっています。
この作用は消化にとって必須ではありませんが、胆汁の排泄が少ないと、脂肪が過剰摂取され下痢や、コレステロールが増える原因になります。

そして、脂肪の過剰摂取により、コレステロールが固まり、石のようになって胆のうに溜まってしまう胆石症(たんせきしょう)になる可能性が高くなります。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1949.JPG

胆石症とは、胆道(たんどう)のどこかで胆汁の成分が固まって結石(けっせき)ができる病気です。
胆石ができる場所は胆のうが一番多く、「胆のう結石」といいます。 
また、胆石によって腹痛や発熱などの症状があらわれる病気を「胆のう炎」といいます。

日本では、食生活の変化と高齢化により、胆石症が増えていて、日本の総人口の10〜15パーセントが胆石を持っているといわれています。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1971.JPG

原因はさまざまですが、主に脂質のとりすぎや、胆のうや総胆管が細菌に感染すると、胆汁のなかの色素が変化して結石になりやすくなります。

胆石症の治療方法としては胆石の大きさや位置によって治療法が違います。
痛みがない場合には飲み薬で石を溶かします。
痛みが激しい場合はまず痛みを抑える薬を使います。
胆石を取り出すには、からだの外から衝撃波で圧力をかけて石を砕くか、手術で取り除きます。
手術方法は内視鏡手術(腹腔鏡胆石摘出術)などがあります。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1967.JPG

参考: 中外製薬より