南米ペルーの「ナスカの地上絵」。
誰が、どんな目的で製作したのかさえ、研究者間でコンセンサスが取れていない世界的ミステリーだが、ここに来て、さらなる謎が隠されていたことが判明した。
なんと、ナスカの地上絵の線を延長していくと、カンボジアの古代遺跡「アンコール・ワット」に行き着くというのだ!

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7519.JPG

■ナスカの地上絵とアンコール・ワットの知られざる関係

まずは、ミステリーニュース「EWAO」の記事を参考に、ナスカの地上絵の基本事項を確認しておこう。
ナスカの地上絵が発見されたのは1927年、航空機がナスカの地上絵上空を飛行するようになったことがきっかけだったという。
これまで、考古学者らにより800の直線、300の幾何学模様、70の動植物が発見されているが、それらの形象が描かれた理由、上空からしか見ることができない理由は、未だ明らかになっていない。
ナスカの伝承によると、インカ帝国で信仰されていた創造神ビラコチャが、数千年前にナスカの地上絵を描いたとされているが、実際の製作者は依然不明である。
1985年、考古学者のヨハン・ラインハートは、これらの地上絵が描かれたのは、宗教的な実践のためであり、水や穀物と関係する古代の神々に捧げられたという仮説を提唱したが、この他にも無数の理論が唱えられてきた。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7516.JPG

さて、それでは本題に入ろう。
この度、ナスカの地上絵とアンコール・ワットの意外な関係を発見したのは、アマチュア考古学者のユーチューバー「cfapps7865」。
グーグルアースを使い、ナスカの地上絵に引かれたを延長していったところ、それらの線がカンボジアのアンコール・ワットでピタリと1点に交わることを突き止めたというのだ。
これはつまり、ナスカの地上絵の対蹠点(地球のちょうど裏側)にアンコール・ワットが存在しているということだという。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7526.JPG

YouTubeユーザーからは多くの賞賛コメントが寄せられている。

「たまげた! 素晴らしい仕事だ」
「シンプルなアイデアが偉大な発見に繋がることもある。君の理論はよくできている」
「組織に縛られない本物の知性を持ったアマチュアの研究者こそ、世界のミステリーを解明するにはうってつけだ」

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7524.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7523.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7521.JPG

このことは一体何を意味するのだろうか?
単なる偶然の一致だろうか?
いや、偶然の一致では決してない。
というのも、世界の古代遺跡を線で結ぶと円環を描くことが知られているからだ。
たとえば、地球全体が真円で表される「正距方位図法」を使用し、ナスカの地上絵、ペルーのマチュピチュ、イースター島、モヘンジョ・ダロといった古代遺跡を線で結ぶと円環状に繋がるのである。
また、数あるナスカの地上絵の中でも一際大きい十字架の横線を延長していくと、テオティワカン遺跡、アンコール・ワットを繋ぐ線が現れるという研究もあり、日本人でははやし浩司氏が"ナスカ理論"として体系立てている。

とはいえ、古代人が地球規模のネットワークで繋がっており、コミュニケーションを取りながら、これらの遺跡を建造したとは考え難い。
では、どうやって?
ここは、人ならざる者の介入があったと考えたい。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7538.JPG

ナスカには「宇宙飛行士」と呼ばれる異様な見た目の人型の地上絵も存在し、かねてより宇宙人とナスカ文明の交流が指摘されてきた。
最近では、ナスカ付近の墓地でナスカ文明(紀元前200年~後800年)と同時期に生存していたとされる「宇宙人のミイラ」も発見され、大きな話題となっている。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7520.JPG

最終的な判断は読者にお任せするが、このことから、宇宙人が何らかの意図で古代遺跡を建造、規則的に配置した可能性は高いと考えられるのだ。
古代の地球に宇宙人が訪れていた証拠はナスカの地上絵以外にも世界中あらゆる場所に残されている。
古代宇宙飛行士説が証明されるのも時間の問題かもしれない。
今後のさらなる発見に期待しよう。

TOCANA(編集部)

2017.09.02 TOCANAより


Video: YouTubeより