模型と思っていた教室の頭蓋骨が、実は身元不明の本物の人骨だった。
そんな報告が各地の学校で相次いでいる。
なぜ、学校に本物があるのか。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6485.JPG

「高校の美術室で頭蓋骨のみ発見/30歳から40歳の女性と推定/心当たりのある方は〇〇課まで」

鹿児島市役所で今月5日に公開された官報に、こんな文章が載った。
見つかったのは市内の鹿児島県立甲南高校。
20年以上前から美術の授業でデッサンのモチーフにしてきた頭蓋骨だった。
全体的に黄ばんでおり、教頭は「レプリカか、猿の骨だと思っていた」。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6476.JPG

鹿児島市内では6月にも、県立鶴丸高校の生物講義室の標本棚から見つかった頭蓋骨が、死後約50年の女性のものだったことがわかり、話題になっていた。
報道を見た甲南高校の美術の担当教諭が、「うちの頭蓋骨も人骨ではないか」と教頭に相談し、県警の鑑定によって人骨と判明したという。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6475.JPG

県教委が今月、県立高校59校に調査を求めると、さらに1校で見つかった。
大分県でも県立の中学高校と特別支援学校を調べたところ、3校で見つかった。
うち1校では木箱に「昭和10年代に寄贈」と書かれていた。
福井県の調査では県内3高校の生物室で見つかった。
うち1校では「明治時代からあった」と言い伝えられてきたという。

いずれも入手経路はわからないが、かつては人骨の標本が売買されていたこともあるようだ。

「昔、人骨を販売した」

そう教えてくれたのは、医療用教材メーカーの京都科学(京都市)のベテラン社員。
同社は約40年前まで、インドから輸入した人骨を加工して骨格標本をつくり、販売していた。
その後、入手が難しくなって製造はやめたという。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6486.JPG

さかのぼると、多くの医学校で解剖遺体から骨格標本をつくっていた時代があった。

日本医史学会理事長の坂井建雄・順天堂大学医学部教授(解剖学)によると、1949年(昭和24年)に死体解剖保存法が制定されるまでは、人体の解剖について定める法律はなく、病院から医学校に提供された身寄りのない病死遺体で解剖実習を行い、その骨で医学生向けの標本をつくっていた例が少なくなかったという。
「当時の頭蓋骨がのちに高校へ提供された可能性は十分ある」と言う。

(加藤美帆、佐藤恵子)

2018.12.28 朝日新聞デジタルより





だから理科室でお化けが出る!
なんて噂があったんですね…😱💦





昨日のおつまみで一番美味しかったのは
築地で買った海苔が一番美味しかったです。

何も付けずにそのままで。笑