日本のお正月は毎年1月1日で、元旦(がんたん)、元日(がんじつ)とも言います。
文化的には旧年が無事に終わった事と新年を祝う行事である。
正月飾りをして、正月行事を行ったり御節料理を食べて、盛大に祝います。
1〜3日は三が日と呼び、正月休みとして休業となる会社やお店もあります。
お正月の期間である「松の内」は、関東地方では1月7日まで、関西地方では15日までと、地域によって違いがあります。
正月飾り(しめ縄、しめ飾り、門松など)や、旧年の御札などは、松の内の最後の日にはずします。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5973.JPG

正月飾りや、御札などの処分方法は、地域によって〇〇火祭りや、どんど焼き、左義長、お焚き上げ等々様々な呼び名がある地域・神社の行事で、お正月飾りやお守りを火で焼いて処分します。
この行事は正月の終わりである小正月(1月15日)に行われるのが基本なのですが、地域によっては1月7日や1月8日に行われたりします。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5945.JPG

御節料理(おせちりょうり)は、節会や節句に作られる料理である。
節日のうち最も重要なのが正月であることから、正月料理(しょうがつりょうり)を指すようになり、単におせちともいいます。
「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、中国から伝わった端午や七夕などの五節供(ごせっく)の行事に由来するものである。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5982.JPG

七草粥(ななくさがゆ)とは、人日の節句(1月7日)の朝に食べられている正月行事食(料理)である。
正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休めるためとも言われており、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)や餅などを具材とする塩味のお粥で、その一年の無病息災を願って1月7日の朝に食べられる。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5981.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5979.JPG

鏡開き
正月が終わって下げた鏡餅は1月11日に「鏡開き」を行い、餅を食べます。
鏡は円満を、開くは末広がりを意味し、また刃物で切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で餅を割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用するようになりました。
また、鏡餅には年神様が宿っていると考えられ、その年神様の福をもらうと言う意味もあります。
正月を過ぎた鏡餅は硬く乾燥しひび割れているため、主にお汁粉や雑煮や焼餅などにして食べます。
また、鏡餅を食すことを「歯固め」と言い、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためと言われています。

関東地域中心では、年神様へのお供えが松の内(1月7日)に終わったあとの1月11日に行われますが、地域によって異なります。
元々は小正月(1月15日)後の1月20日に行われており、徳川家光が亡くなったのが慶安4年(1651年)4月20日であったため、1月20日を忌日として避け、後に松の内後の「1月11日」とされました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5952.JPG

初夢(はつゆめ)
とは、新年のある夜に見る夢。
この夢で1年の吉凶を占う風習があります。
新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では元旦(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多いです。
初夢の始まりは鎌倉時代であり、そこでは、暦上の新年とは無関係に、節分から立春の夜に見る夢を初夢としていました。
その後、暦上の元日を新年の始まりと考えるようになったが、単純に、大晦日から元日の夜に見る夢が必ずしも初夢とはならず、江戸時代には「大晦日から元日」「元日から2日」「2日から3日」の3つの説に別れました。
「元日から2日」は、「大晦日から元日」の夜は眠らない風習ができたことが理由とされていて、「2日から3日」は、書き初めや、多くの新年行事が2日に行われるようになった影響だとも言われています。
江戸時代後期には「2日から3日」が主流となっていましたが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなりました。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5900.PNG

宝船の絵
室町時代ごろから、良い夢を見るには、七福神の乗っている宝船の絵に「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされています。
これでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをします。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5897.JPG

一富士二鷹三茄子
初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに「一富士二鷹三茄子(いちふじ にたか さんなすび)」があります。
その起源は江戸時代であり、富士山、鷹狩り、初物のなすを徳川家康が好んだこともあり、富士は「無事」「日本一」、鷹は「高い」「賢くて強い」、なすは事を「成す」という掛け言葉だと言われています。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5895.PNG
Wikipediaより





_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5977.JPG