珍しい手相
なかなか多くの人には現れない変わった珍しい手相があります。
手は脳と密接な関係にあり、その人の性格や行動パターンによって、シワなどが変化します。
線が消えたり、増えたりすることも頻繁に起こりやすく変化しやすいため、なかなか現れにくい珍しい手相と言うものもあります。
そんな超レアで珍しい手相を今回は説明します。
あなたの右手・左手をよく見てそんな珍しい手相がないかどうか確認してみて下さい。





覇王線(三奇紋)
覇王線は、始点に関わりなく中指のつけ根に向かって伸びる運命線、薬指のつけ根付近で縦に伸びる大陽線、小指のつけ根付近で縦に伸びる財運線が一点で束ねられた扇状の線を指します。
別名・三奇紋とも呼ばれ、運気・成功・金運などに影響を与える三本の線が集まっているので、強運を授かり、大きな財が築け、何事にも大成功する大吉相として知られています。

手首のつけ根付近の地丘から伸びる運命線を主として、太陽線と財運線が収束している覇王線の場合、覇王線の中でも特に大開運の相となり最強とされます。
▪小指の下方で手首寄りの月丘から伸びる運命線を主として、太陽線と財運線が収束している覇王線の場合、周囲の恩恵を受けて成功するとされます。
▪太陽線が1番長く、運命線と財運線がくっつく形の覇王線では、目標に向かって努力をして成功するとされます。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6912.JPG




ますかけ線(天下取りの手相)
頭能線と感情線が一つとなり、真っ直ぐになる線を指します。
これは、つかんだ運は絶対に手放さないとされ、大変に縁起の良い相として知られています。
別名「天下取りの手相」と言われ、徳川家康、豊臣秀吉、織田信長にもあったと言われています。
人の上に立つことで力が発揮できるとされていて、強運に恵まれ、天才的なアイデアが次々に生み出せるはずです。
抜群の集中力があり、コミュニケーション能力に長け、人を惹き付ける魅力も持ちます。
頑固でこだわりが強く、勝負運も強いのですが、どん底からの大成功、大成功からの転落などと浮き沈みが激しいのも特徴的です。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6913.JPG




俵紋(たわらもん)
指に俵のような線が現れているものを指します。
具体的には、指の第一関節と第二関節の間、または第二関節と付け根の関節の間に縦線が3本程あるものを指します。
この縦線は、加齢で現れるものではないので、珍しい線として知られています。
食べることに生涯、困ることはないとされていて、経済的にも安定していることが考えられます。
さらに金運に恵まれ、生活に困ることがない強運の持ち主にもなります。
衣食住の全てに満たされるはずです。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6915.JPG




成り上がり線(千金紋)
親指と人差し指の間を起点とし、中指方向にカーブして伸びる線です。
始点が生命線の始点と重なることが多く、千金紋とも呼ばれています。
これが現れていると、どん底から這い上がって成功を手にしたり、貧乏から一気に大金持ちになれる強運を持つとされます。
非常にハングリー精神旺盛で、困難があっても諦めず目的達成のために頑張ることができます。
コツコツと積み重ねてきた長年の苦労が報われ、望む成功を手にするとされ、または、カリスマ性やスター性を表すこともあり、努力と才能によって、一気にスターに駆け上がることが考えられます。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6916.JPG




神秘十字線
感情線と知能線の間で、運命線と交差する十字線を指しますが、運命線と交差しない小さな十字線が2~3コ現れることもあります。
これらが現れていると、直感や霊感に優れ、スピリチュアルな分野で力が発揮できるとされます。
精神世界や神秘的なことに興味を持っていたり、その才能に恵まれていることが考えられます。
先祖に守護されていたり、先祖や神仏のご加護が得られる行いをして、霊感や信仰心に目覚めることもあります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6917.JPG




金星帯(フェロモン線)
人差し指と中指の間から薬指と小指の間にかけて弧を描いている線で、1本の線で現れることは少なく、切れ切れに現れることが多いとされます。
ヴィーナスラインともフェロモン線とも呼ばれ、愛と美を象徴する線としても知られています。
愛情に恵まれ、美的センスが格段に高く、繊細で細やかな愛情を持っていたり、精神的な崇高さもあるとされます。
出会い運に恵まれ、情熱的な恋愛をし、磨けば光る色気があります。
外見的にも魅力があふれ、人から好かれることが多い手相です。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6918.JPG




仏眼相(念力相)
別名、仏心紋とも念力相とも呼ばれ、親指の第一関節に目のような形の線があるものを指しますが、他の指の第一関節と第二関節の間にも現れることがあり、さらに珍しい手相とされています。
これが現れていると、仏のような見る目があり、ご先祖様の守護力が強く、直感や霊感などに優れていて、普通の人が見えないものを感じ取ることができるとされ、頭で思い描いたことが、実現しやすい運の強さを持っています。
強い集中力や精神力を持ち、困難が生じると必ずご先祖様の力助けを得て、困難から脱することができるとされています。
スピリチュアルな分野に優れ、予知能力があったり、テレパシーや未知なる能力に長けていることがあります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6919.JPG




ソロモンの環(木星環)
人差し指の付け根を囲むように弧を描いている線を指し、木星環とも呼ばれ、1本の線で現れることもあれば、二重三重になっていることもあります。
野心や権力を司る手相として知られており、知恵や指導力に優れ、人への影響力が強いとされ高いカリスマ性、人を引っ張って行く力、人を惹きつける魅力などを持つ人が多いとされます。
強運と人の上に立つ能力を持ち、努力をすることで幸せがつかめます。
第六感などの神秘的な力や、スピリチュアルな分野に長けているとされています。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6920.JPG




星紋(スターマーク)
短い3本以上の線が星のように交差しているものを指し、スターマークとも呼ばれ、ラッキーサインとして知られています。
短い2本の線が交差している十字紋とは違い4本重なっていることが理想的とされます。
幸運や成功を暗示し、人気やスター性などの数々の幸福を呼び込むとされ、指の付け根の丘との関わりが深く、現れる場所によって丘に秘められた意味合いを高めることにもなります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6922.JPG




ラッキーM線
濃く現れた知能線・感情線・生命線・運命線が連なり、きれいなM字を描くものを指します。
これが現れていると、知能線が頭脳明晰さや判断力、感情線がバランスの取れた感情や精神、生命線が健康と長寿、運命線が強運をもたらし、これらの総力で開運するとされます。
夢と現実のバランスも取れているようで、自力で幸せがつかみ取れ、信じた道を切り開いて進めば、大きな幸福が手に入れられます。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6929.JPG









ー ー ー










ちなみにこれが自分の手です。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7213.JPG

覇王線、ますかけ線、俵紋、神秘十字線、仏眼相、ラッキーM線、あります。





おわり