運命線
手首側から中指に向かってまっすぐ伸びている線が運命線です。
運命線は「仕事運」を表す手相で、あなたの人生の目標や方向性がわかります。
仕事や社会とどのように向き合い、どんなキャリアを進んでいくのかを示す運命線。
線の長さや、濃さ、運命線がない場合などにもきちんと意味があります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6904.JPG




流年法
流年法(りゅうねんほう)という時間の流れをチェックする測定法があります。
流派によって多少違いはありますが、大体の目安としての運命線の流年法は以下の通りです。
標準的な手相の人は、知能線と交わる地点が35歳、感情線と交わる地点が55歳となります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6892.JPG





運命線が長い人
運命線が長くまっすぐ伸びている人は、目標に向かってブレずに進んでいく人。
長い期間をかけて、何かひとつのことに人生を費やしていく傾向にあります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6905.JPG




運命線が短い人
運命線が短い人はこの先、目標や人生をかけて取り組んでいきたいことが見つかる人です。
この手相の方は、現状をスキルアップや昇進のための準備ととらえて、力を貯めておくと目標が明確になったときに役立つかもしれません。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6906.JPG




小指側から始まる人
運命線が小指側から始まる人は、周囲の環境から応援されるタイプで、人気商売などに向いている方なので、どういう人が周りにいるかによって、仕事運が大きく変わります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6894.JPG




生命線の内側から始まる人
親族・身内から助けられることが多く、家の後継ぎなどによって道を切り開いていく傾向にあります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6895.JPG




上部にしかない人
若い頃になかなか身にならなかったことが、年を重ねるごとに運勢が開いていく努力型・大器晩成型です。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6900.JPG




下部にしかない人
若い時に活躍することを示しています。
ただし老後は気力がなくなったり、成長することをやめてしまう傾向があります。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6899.JPG




運命線が切れている人
人生が切り替わるタイミングであるということを示しています。
3回切れていれば、仕事の転機が3度訪れるということです。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6896.JPG




運命線が2本ある人(二股に分かれている人)
ふたつの仕事を同時に進めていく状態を示しています。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6901.JPG




運命線上に島がある人
スランプで仕事がうまくいかなくなる時期を示していて、こうした仕事運の悪いときは、我慢するしかありません。
この時期は、何か新しいことにチャレンジするのは控えたほうが良いかも……。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6907.JPG




運命線がない人(薄い人)
仕事をあまりしなくても生きていけることを表しています。
サポート的な役割が向いている人には、運命線が薄かったり、なかったりします。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6910.JPG


明日の番外編につづく