映画『テルマエ・ロマエ』への出演などで知られるタレントのいか八朗(本名・近藤角吾=こんどう・かくご)さんが28日午前10時3分、老衰(84歳)のため亡くなりました。
30日、所属事務所の公式サイトで伝えられた。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6125.JPG

サイトで事務所代表の山田大策氏は
「突然のことでびっくりされる方もいらっしゃると思いますが、寂しいご報告がございます。『かわいいおじいちゃん』と皆様がかわいがってくださった、愛してくださった、いか八朗(本名 近藤角吾)ですが、平成30年5月28日(月)10時3分に息をひきとり、天国のテルマエに旅立ちました」

「眠っているような安らかな顔で呼吸と心臓が止まっていたそうです。きっと天国のテルマエ(温泉)に浸かって、ヘイヘイホー♪とニコニコ歌っていたのかもしれません」
と最期の様子について訃報を伝えた。

6月2日に通夜、3日に「お別れ会」を東京・江古田斎場(練馬区)にて執り行う。

いか八朗さんはお笑い芸人・漫談家として活動したのち俳優としても活躍。
『テルマエ・ロマエ』をはじめ、多くの映画、テレビドラマなどにも出演していた。


2018.05.30 ORICON NEWSより



好きな俳優さんでした…。
ご冥福をお祈りします。