次はもっと詳しく説明いたします。

最初に言っておきますが、手相と脳は密接なつながりがあり、脳の状態が手に現れる、といったことが手相の基本的な考え方です。
自分や人を決めつけるものではありません。
また、手相は日々変わります。
足りない部分をペンで書くのも良いと言われています。
単なるひとつの参考だと思って下さい。

手相って、占うものじゃなくて、手を通じて自分と会話してみるっていうことだと言うことを忘れないで下さい。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5150.JPG

もっとも主要な線は次の4つ。
生命線・頭脳線・感情線・運命線。
この4本だけで、さまざまなことが読み取れます。
※頭脳線は知能線と呼ばれることもあります。





感情線
心のオープンさ、こだわりの強さ、愛情の深さ。
感情線は長い?短い?長ければ長いほど、自分の世界があって、守り抜きたいタイプ。
逆に短い人は来るもの拒まずでオープンなタイプと見ます。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6861.JPG
感情線が標準的な長さ
(人差し指と中指の間くらいまで伸びている)
感情的にバランスが良く、好き嫌いが少ない。
世の中とほどよい距離感で、特に意識しなくても安定した毎日を送ることができる。
クセの強いものが苦手。
一般的に愛情深い人が多い。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6862.JPG
感情線が短い
誰に対してもオープン。
明るいノリで皆と楽しく過ごしたいタイプ。
フットワークが軽い。
恋愛では、答えを急ぐことがある一方で、失恋しても早めに切り替えられる。
クールな性格。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6863.JPG
感情線が長い
(中指を超えている)
感受性が高い。
集団行動が苦手で、一人になれる時間が少ないとストレスが溜まる。
恋愛は、好きな相手をとことん愛し、失恋すると引きずりやすくストーカーになりやすい。





頭脳線
価値観、現実主義と理想主義、頭の良し悪し。
頭脳線の傾き(弧の描き方)からは、価値観や美意識、思考パターンが読み取れます。
横一直線に走る線は、現実主義。
手首近くに下降する線は、理想主義。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6864.JPG
頭脳線が標準的なかたむき
(緩やかにカーブしている)
客観的でバランスの取れた考えができる。
失敗しそうなことは回避するため、冒険や挑戦は少ない。
平穏さを好み、不正やハラスメントを指摘できず見過ごしがち。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6865.JPG
頭脳線が真っ直ぐ横に伸びている
現実的に物事をとらえ、実行していく人。
ものごとを曖昧にしない。
金銭感覚に優れたタイプ。
対人交渉力がある。
結果や実績でシビアに人を判断する面がある。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6872.JPG
頭脳線が手首の方に下がっている
理想主義でロマンチスト。
インスピレーションに秀でたタイプ。
タイムリミットつきの実務作業や結果をせかされることが苦手。





考える力と行動する力のバランス
頭脳線と生命線の起点を見ます。
接する部分が長いほど、慎重で行動までの時間が長いと見ます。
離れている人は、行動派。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6875.JPG
頭脳線と生命線の起点が重なっている
堅実派で失敗が少ない。
一方で、常識や社会通念の枠組みにはまりすぎる傾向もある。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6876.JPG
頭脳線と生命線の起点が離れている
独創的で行動力がある。
常識にとらわれず、思い立ったらすぐ行動できる。
自分の好きなこと以外には関心が薄い。
得意なこと、苦手なことの差がはっきりしている。





_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6873.JPG
頭脳線と生命線の起点から重なる部分が長い
石橋を叩いて渡る、慎重な人。
流行に左右されない。
素早い行動は苦手。
口でのコミュニケーションより、文字で伝えるほうが得意なタイプ。





再来週につづく