先日、現在横浜で開催中の横浜トリエンナーレに行ってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2775.JPG
そう、今横浜で1番有名と言っても過言ではない「横浜美術館」です。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2776.JPG
横浜美術館といえば
デートで行きたい場所No.1(新井調べ)

横浜トリエンナーレといえば
世間が興味あるものNo.1(新井調べ)

やっぱり今のトレンドといえば現代アートですよね。
現代アートといえばもうそれは横浜トリエンナーレしかないわけで、横浜トリエンナーレを知らないっていうやつはもう小学生からやり直せばかっ!!

横浜には今、たくさんのアートがあなたの事を待っています。
ってどこかの誰かも言ってました。

と言うわけで、横浜トリエンナーレを堪能してきたわけですよ。
入って驚いたのがまず全ての作品撮影OK。
そんな美術館あります?
全くもってイメージでしかないですけど、美術館って普通撮影禁止ですよね?
足を運ばないと見れないもの。
それがアート。
みたいな考えありません?
でもやっぱり横浜トリエンナーレは違いますよ。
そこらのアートとは違いますよ。
全部撮っていきなよ!!と言わんばかりに撮影OK。
でも何故か動画は禁止。
謎。
ここは謎でしかない。
トリエンナーレ七不思議の1つですね。
(あとの6個は自分で考えてください)

せっかくですから、このブログを読んでいるそこのあなたにもトリエンナーレのアートたちをいくつかご紹介しましょう。

まずはこれ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2778.JPG
なんかすごい人の絵

続いてこれ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2781.JPG
おっきい月

そしてこれ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2783.JPG
ラスボス感ただようやつ

さらにはこれ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2787.JPG
トンネル

最後はこれ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2788.JPG
カラフルな熊さん a.k.a カラフルなくまたん

いやー、こうして写真で見ても作品からビシビシ訴えたいもの、伝えたいことっていうのが伝わってきますよね?
もうほら、どうしてこれを作ろうって思ったか、これで何を表現したいのか、見たらわかるでしょ?

熊だぜ?トンネルだぜ?

でもね、やっぱりね、これだけは言わせて。
捉え方は自由。
アートって自由なの。
だからね、どう感じてもいいの。
それがあなたの考え方なのね!
へー!面白いっ!!
それでいいの。

だからカラフルな熊たんみて、
わーーー、くまたんがカラフルだー!

これでもいいの。
何も間違ってないの。

受け取り側の自由なの。

私の振付した作品だって捉え方は自由なの。
作った人と見た人が同じ考え方にならなくてもいいの。

でも実際見て見ないとわからない!
っていうそんなあなたに朗報です。

本日、横浜のランドマークタワー1Fのステージにて、新井健太スペシャルユニットによるヨコトリDANCEがあります。
本番です。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2402.JPG
さっきからずっと紹介してた、横浜トリエンナーレを題材に41分のショーがあります。

ランドマークタワーです。
ランドマークタワーのここです。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2276.JPG
なんとランドマークタワーの隣には横浜美術館もあります。

ヨコトリDANCEみて、そのまま横浜美術館でトリエンナーレも見ちゃう。
え?今日の予定決まったっぽくね?
デートにも、家族とのお出掛けにも、1人でぷらぷらにも対応してるっぽくね?
全方位で文句なしのプラン出来たっぽくね??

もっかいいいます。
ここですからね。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2273.JPG
あっ大事なことを忘れてましたよ。
時間よね、時間。
13時から。
横浜のね、ランドマークタワーのね、ここでね、13時からやってるから。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2274.JPG
みんな見にきてくれよなっ!!!


圧倒的ステマがバッチリ決まったところで、
来年1月に新井が主宰する舞台のチケットもかって買ってください。
こちらから購入可能です↓