8/21に、舞台【The Witch】の楽曲レコーディングを行ってきました。

メインとなるテーマソング
英語歌詞のTime For Promise

こちらの2曲のレコーディングです。

19時からスタートして、全ての作業が終わったのが24時過ぎ、実に5時間以上かけてレコーディングをしてまいりました。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2441.JPG
【ブースで歌う純也さんとエンジニアの宮本氏】

いやーーーーー!!!
すげぇいいの出来たから!!!
まじまじ!!
やべぇぇぇぇぇぇぇってなるよ!!!

と突然に文章が砕けるくらいテンションが上がってしまいましたが、本当に早く聞いて頂きたい。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2451.JPG

純也さんの華麗で力強い歌声は、
作詞した私の歌詞をさらに意味深いものにし、
作曲した石渡さんのメロディーをさらに勢い付かせてくれました。

純也さんにしか出せない声で、
純也さんにしか歌えない歌に、

見事になっていると思います。
舞台の歌を純也さんに歌って頂いている意味をとても感じた作業でした。

皆さんにお聞かせ出来るのは9月かな?10月かな?
配信出来るタイミングで配信しますので、首を長くしてお待ちくださいませませ。

えーーー!
早く聴きたいから聞かせてよ!!
っていうそこのあなた。
polcaで支援して下されば、すぐに送り致します!
polcaのご支援者の方には先行で公開致しますので、是非是非ご支援下さい。

まだまだレコーディングは残っております。
引き続き、どうぞご支援の程宜しくお願い致します。

今日は急遽思い立ってレジェンドを見にいってきました。
レジェンドに行った人の感想を聞いていたらどうしても自分の目で見たくなってしまい、何気に初レジェンド。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2432.JPG
早いもので今回でもう7回目ですって。
ダンスのイベントを国際フォーラムでやるんですからそらもうすごいことです。
この規模のイベントはなかなか出来ないですよ。
まずそこから素晴らしい。

そしてこの大会は振付師が競う大会です。
振付師が作った作品の良し悪しで優勝を競う、振付師の為のコンテスト。

振付師の表現と技量が問われる大会です。
そんなでっかい大会の各地方予選を勝ち抜いてきた作品が揃う決勝大会ですから、もう出演者のやる気と熱意は凄まじいものがあります。
ちょっと簡単には言葉で言い表せないくらい。
本気で吐きそうになりながら物作りしてるはずです。

ですから、どの作品も素晴らしかった。
人によって思うことはそれぞれだし、私も色んな作品を見て色々思いました。
でもね、そんな個人的な感想なんかどうでもよくて、本気でこの大会に向かって、それぞれの振付師が全力で仕上げてきた作品は、どんな内容であれリスペクトしかないですよ。
好き嫌いなんか関係なく、全ての作品に最大の拍手と賞賛を送りたいです。
言えるなら言いたい。

『みんな優勝!!!』

でも、言えないよねー(笑)
優勝を目指して戦ってるんですから。
優勝は1人。
レジェンドは1人です。

そんな今回のレジェンドもつい先程結果が出ました。
こちらが今回のレジェンドの全ての結果です。

と、その前に私の審査結果予想はこちら。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2440.PNG

そして以下が結果です。

『Legend Tokyo Chapter.7』

🏆最優秀作品賞〝レジェンド〟受賞作品
avecoo作品

🥈準優秀作品賞〝セミ・レジェンド〟受賞作品
Fly Six B作品

〝演出家 審査員長賞〟受賞作品
ENstarry ENvitation作品

〝ストリートダンス舞台表現 審査員賞〟受賞作品
ENstarry ENvitation作品

〝コレオグラフ&衣裳 審査員賞〟受賞作品
PROPS×T-FAM×J-STYLE作品

〝アジア文化交流 審査員賞〟受賞作品
kaorin作品

〝TOKYO MX 審査員賞〟受賞作品
avecoo作品

〝舞台漫画クリエイター 審査員賞〟受賞作品
MIWA作品

〝XFLAG 審査員賞〟受賞作品
Fly Six B作品

〝ホリプロ 審査員賞〟受賞作品
AKKY作品

〝音楽プロデューサー 審査員賞〟受賞作品
Fly Six B作品

〝イベント演出家 審査員賞〟受賞作品
松田鼓童作品

〝ぴあ 審査員賞〟受賞作品
松田鼓童作品

〝一般社団法人 ダンス教育振興連盟JDAC特別賞〟受賞作品
松GORI作品

〝公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟特別賞〟受賞作品
SHOJIN作品

〝スポーツ庁後援事業 日本ダンス大会特別賞〟受賞作品
MAR作品

〝株式会社ステージ特別賞〟受賞作品
Fly Six B作品

〝ミズノ特別賞〟受賞作品
ENstarry ENvitation作品

〝オーディエンス賞〟受賞作品
SHOJIN作品

以上が結果でした。
予想は外れましたね(笑)

でも、本当に素敵な作品をたくさん見せて頂きました。
とても勉強になりました。
改めて、今回作品を出展していたコレオグラファーの皆さんには拍手を送りたいと思います!

んでね、ゲストさんですよ。
1番言いたいのは。

こんな言い方は失礼かもしれませんが、

【格が違う】

DAZZLE
梅棒
Memorable Moment

この3組の歴代レジェンドは本当に作品作りに関して格が違いました。
どのチームが今回のネタで今回のコンテストに出てても優勝したと思います。
それくらい圧倒的で、圧倒的に面白かった。

あっ、あくまでも私の個人的な感想です!

そんな作品を目の当たりにして、
凄いもの見れた喜びと、同時に悔しくなりました。
目の前で凄いもの見せられた悔しさ。
でも悔しいって思ってたら追いつける。
絶対。

負けませんよー!!
私も凄い作品作ってどんどん世の中に出していくんだからっ!!!!

と、意気込んだところで今回のレジェンドの影の主役、アストコさんとSHOJINナンバーに出てたあやおと撮った写真をお届けしましょう。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2439.JPG
もとこ!
あやお!

本当におつかれさまでした!!
良く頑張った!!!

今新たに舞台【The Witch】の曲中歌を作成していますが、出来上がってきた今回の楽曲を聴いていると、日本語より英語歌詞の方がカッコ良さそうだなと思ってきました。
歌うのはもちろん吉田純也さん。

「英語の歌詞ってカッコいいじゃーーーん!」

っていう軽いノリで色々調べてみたら、これがまた難しい。
簡単には出来ない事だぞということがわかりました。
もちろん自分でやるわけじゃないんですが、自分の周りには各分野のプロがたくさんいます。
ありがたいことにご縁をたくさん頂いて、たくさんの方と知り合わせて頂いております。

その中に通訳の方もいらっしゃるんですが、
歌詞を英語に直すって決めてからまずはその方に質問しました。

「日本語の歌詞を英語に直すのって大変ですか?」
↑質問がバカ丸出しなのは気にしないで頂きたい。

通訳の方は無知な私に優しく教えてくれました。

歌詞の英訳のポイントは下記の4点だそうです。

・音楽の尺に合わせる
・その上で意味が伝わるようにワードをチョイスする
・英語の歌詞って実は韻を踏んでいる
・詩的なセンスが必要

言われてみたら確かにですよね。
でも言われて初めてハッと気付ける。
言葉というものを扱う以上、日本語でも英語でも使う言葉で意味が変わってくるのは同じだし、
日本語の歌詞に合わせて作っているメロディーラインを英語に直すんですから、そこにハマるように単語をチョイスするのは詩的なセンスがだいぶ問われます。

わかりやすく説明する為に、誰もが知ってる歌で試してみましょう。

ドレミの歌、知ってますか?
「ドーはドーナツのド」
で始まるドレミの歌です。

そのリズムを思い浮かべてここからの話を聴いてください。

ドーはドーナツのド
の部分の歌詞を仮に、
「今日は青い空」
という日本語が入っていたとしましょう。

その「今日は青い空」これを英語に直すと
「Today is the blue sky」
となりますよね。
その英語違うやん。ってなった人はGoogle先生に文句言ってください。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2411.PNG
では、次に、
Today is the blue sky
これをさっきのリズムで歌ってみてください。

あなたはどっちでした?

えっ、歌えない!!

ってなったか、

blue skyをぎゅっと早口で詰め込んだか

どちらか2パターンではないでしょうか?
さらっと歌えちゃった人はセンスがあると思って周りの人に言いふらしてみてください。
きっと周りの人は「へーーーー。」ってすんごい興味のない返事をしてくれるでしょう。

とにかく、ここからが大変な作業。
このリズムに合うように、歌詞の意味が変わらないように、ワードをチョイスして、韻を踏みつつ、まとめないといけないんです。
大変。

気軽に頼んじゃダメ。絶対。

とはいえ、じゃあ諦める?って言われると、
諦めるという選択肢はもともとないわけで、
世の中にはそういうものを職業にしてる人はたくさんいらっしゃいます。

通訳のプロがいれば、
英文翻訳のプロもいます。
歌詞翻訳のプロもいらっしゃいます。

出来ない事は対価を払ってプロに投げる。
当たり前のことです。

数ある翻訳サービスを検索して、
歌詞を英語に直すという作業を今お願いしている最中です。

どんな英語に直って帰ってくるのかとても楽しみです!!

出来上がったら日本語の歌詞と英語の歌詞を比較しながらご紹介しますね!
紹介しなかったら色々あって諦めたんだなって優しい目で見守ってください。

お楽しみにっ!!!




そんな吉田純也さんの歌う、
舞台【The Witch】の曲をレコーディングする費用を現在polcaでクラウドファンディング中です!!
少しずつ支援が増えていてとても嬉しい!!

まだご支援してくれてない方!!
なんで支援してくれないのか原稿用紙に書いて提出してください!!
それが嫌ならサクッとアプリダウンロードして、サクッとポチっとしてください!!
新井の感謝が止まりませんから!!

はい、圧倒的ステマでした

↑このページのトップへ