ちょこちょこブログを書いていけば毎日更新出来るんだけど書けない。
別に書くことがないわけじゃないけど、中身の薄いブログになりそうだと思ってしまうから。

面白いブログをかけるといいんだけど、面白いブログを書こうと思っても書けるものではないのはよくわかっている。

まぁそもそも自分のブログをそんなに沢山の人が読んでるわけではないから構える必要はないんだけど。

そんな今日は友人の結婚式だ。
専門学校の時からの付き合いだからかれこれもう14年近く経つ。

その時に知り合って、同じ仕事をして、今でも一緒に仕事をしてる数少ない友達。

そんな友人が何をトチ狂ったのか結婚式の受付を頼んできた。
結婚式の受付とか一生やらないと思っていたし、なんなら出来ないと思っていたから2秒で断ったんだけど、話を聞くと本来頼む人がダメになってしまったから俺に話が来たらしい。

消去法だった。

一瞬でも頼られてると思った自分を殴ってやりたい。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3096.PNG
そろそろ受付が始まるので、人生初の受付いってきます。

無事に終わりますように!!

役者チーム&ダンサーチームのリハーサルが始まり、舞台の前半が少しずつですが形になってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3029.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2896.JPG
今回の舞台「The Witch」は魔女狩りをテーマにした舞台です。

---
魔女に憧れる青年エフが、魔女マニと出会い魔女狩りからマニを守る為に奮闘する。
---

簡単に説明するとこういったストーリーです。
では、2人はどんな性格なのかをご紹介しましょう。

青年エフはロマンを追い求めるロマンチストです。
日々の退屈な生活に嫌気がさし、夢を、ロマンを探しています。
村から見える廃墟となったお城に住む魔女を想像しては毎日退屈と戦っています。

魔女マニはとってもピュアな女の子です。
純粋で天真爛漫、それでいて好奇心旺盛。
人が好きで、みんなと仲良くしたいと願っています。

こんな性格の2人が出会い、
村人達と繰り広げるストーリーが「The Witch」の世界観です。

この舞台のストーリーを書こうと思ったきっかけは、ある人の言葉を見てからでした。
それはイギリスの倫理学者、バートランド・ラッセルの言葉です。

「妬みは民主主義の礎である」

この言葉をみて、自分の中の民主主義の概念が変わりました。
概念と言うと大袈裟ですが、それまで自分のなかで民主主義=平和というイメージがなんとなくですがありました。

民主主義の平和な日本で生まれ育ったのですから、そのイメージはある意味当たり前かもしれません。
しかし、ふと目線を変えてみると、
民主主義は多数決であり、
多数決は必ずしも正しいものではありません。

ただ、その意見を掲げる人が多いだけで、それが正義になる世界はたくさんあります。

1人の人が言いました。
「魔女は私達に危害を及ぼす」

たくさんの人がその言葉を信じました。
魔女は何もしていません。

何も。

それが魔女狩りです。

さぁ、そんな魔女狩りに対して、
エフとマニはどう立ち向かうのか。

是非舞台で生きるエフとマニをみて確かめてください。

舞台「The Witch」はチケット好評発売中です!

来年1月12日、13日に、浦安の市民文化会館小ホールで行われる舞台【The Witch】のリハーサルが着々とスタートしております。

今までは制作サイドの声のみでしたが、ここからは少しずつ出演者の皆さんの生の声が届けていけたらいいな!
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2898.JPG
役者チームの初リハーサル!
鹿島さんは居ませんが、エフ役の森田さんと、マニ役の富樫さんの3人でスタート!
出来上がってきたものに我らが鹿島さんをお迎え致します。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2917.PNG
そしてこちらはダンサーチーム!
その名もチーム村人!
エフやマニと同じ街に住む村人達です!
こちらはすぐふざけるで有名なので、ふざける分も見越してリハーサル時間を考えなければいけません。
大変大変。

リハーサルはまだまだ序盤なので、楽しさを感じならが世界観を少しずつ作っております。
早く皆様にお披露目したい気持ちを抑えつつ、しっかり作っていきますのでお楽しみに!

舞台【The Witch】のチケットはこちらから↓

↑このページのトップへ