ドッグカフェパーティー&アジリティー教室
開催のお知らせ
 

【ドッグカフェパーティー】

2月16日(日) 10:15(受付開始)

場所はDog Days Cafe(府中市若松町4-46-8)駐車場あり

時間は10:15受付で11:30頃の終了となります!

5組限定です!

どなたでもご参加できます⤴️ ドッグカフェに行きたいけど不安と思われている方はぜひ練習の場としてお使いください❗

料金は3000円となります。


【アジリティー教室】

2月16日(日)14:00

時間は14:00開始で15:30終了となります!

場所 ドッグランアンジュール(川崎市麻生区)
料金 4000円
(ドッグラン使用料込み)

(初めてご利用の方は別途ドッグラン登録料がかかります。)

4組限定です!

どなたでもご参加できます⤴️

初心者の方でも大歓迎ですのでご興味のございます方は当スクールまでご連絡ください🙇

調布市、三鷹市、狛江市、世田谷区近郊での犬のしつけ・トレーニングならドッグスクール山形
調布市、三鷹市、狛江市、世田谷区近郊での犬のしつけ・トレーニングならドッグスクール山形。訪問型の犬のしつけを行うドッグスクールです。愛犬とのより楽しい暮らしをしつけを通してサポートします。
dogschoolyamagata.net

今回は犬の訓練士とドッグトレーナーの違いについて書こうかと思います。
一般の方々のイメージでは・・・・・・・




訓練士=職業犬(警察犬、盲導犬、など)を訓練する人




ドッグトレーナー=一般家庭の犬をトレーニング(しつけ)する人




このようなとらえ方をしている方が多いと思います。
しかしそれは間違いなんです。
正解はというと・・・・・・・




訓練士=ドッグトレーナー




ようは呼び方が違うだけで訓練士だって家庭の犬をトレーニング(しつけ)できるんです。




次に訓練士(ドッグトレーナー)について書きたいと思います。
訓練士という職業は公的資格が存在しないため、長年、数多くの犬を訓練して習得できる公認資格を持つ訓練士と、公認資格すら持たない、もしくは通信教育、短期(6か月程度)、専門学校などで習得できる公認資格を持つ訓練士が存在しています。

もし自分で飼っている犬のしつけを訓練士に依頼したい時、あなたはどちらの訓練士に
依頼したいですか?
もちろん前者の経験豊富な訓練士ですよね(^_^)
しかし経験豊富な訓練士をインターネットなどで探すのも中々大変ですよね・・・・・・・
そこで前者の訓練士のみが所属できる「全日本犬訓練士連合協会」という団体を
ご紹介致します。
この団体に所属している訓練士さんはみんなベテランなので安心できますよ~(^_^)v




全日本犬訓練士連合協会HP


一般社団法人 全日本犬訓練士連合協会
一般社団法人 全日本犬訓練士連合協会 犬と人とのより良い共生社会を目指し、広く動物愛護の精神を高揚し、犬の訓練士の資質の向上、学術技術の促進ならびに社会的地位 の向上に関する事業を行っています。
kunren.or.jp

お散歩をする際のワンコの位置は右か左か🤔

皆様はワンちゃんとお散歩する際にワンちゃんを右、左どちらにつけてお散歩されていますか?

よくお客様から

「犬の位置は右、左どっちにすればいいですか?」

と聞かれる時があります。

その際に私は

「右、左どちらの位置でも歩けるのが理想的です」

とお答えしています。


なぜ右、左どちらでも位置でも歩けるのが理想的なのかというと


状況によって右で歩くか左で歩くかでトラブルが発生する確率が違うからです。

例えば車が通りすぎる場合、ワンちゃんを車側にしてお散歩すると何かの拍子でワンちゃんが車に近付き、接触してしまう可能性があります。

動画のように飼い主様が車との間に入ることで車と接触する確率が低くなります。

車以外では通行人とすれ違う際も、私はワンちゃんと通行人の間に入り、できるだけ接触させません。

なぜならその通行人の方はワンちゃんが苦手、怖い、トラウマがある方かもしれないからです。

うちの子は人に対しても危険性はないし、飛び付いたりもしないから平気と飼い主様は思っていても通行人の方の中には過去のトラウマなどでワンちゃんを見るだけで恐怖を感じる方もいらっしゃいます。

私も子供の頃ワンちゃんに追いかけ回されて、一時期ワンちゃんを見ると恐怖を感じていた過去があります。


現に通行人とすれ違う際にワンちゃんが通行人に飛び付いたことで通行人がビックリして転倒してしまい怪我をしたという事故も発生しています。

状況によって今は左の方が良いのか右の方が
良いのか判断してお散歩することでトラブルも起きにくくなると思います。

長文失礼しました🙇

ホームページはこちらから
Instagramはこちらから

↑このページのトップへ