作詞作曲 : 慶

時を止めたまま動けない世界
死ぬ事も出来ず餌を奪い合う
無駄に生き永らえ続けているよ
まだそこに居たの?
気付かれもしない

朽ちる世界から抜け出せずにいる
浅はかな希望抱きつづけてる
何を成せばこの命報われる
列を成す屍体どこまでも続く

breaking down
breaking down
breaking down
どいつもこいつも

breaking down
breaking down
breaking down
どいつもこいつも

この狭い狭い浴室はただ
息苦しいだけ
色褪せた光に縋る
嗚呼惨めな姿ね

とめどなく流れ出してきた物は
普遍的な色代わり映えしない
埋れ埋もれただ消費されるだけ
群がり出すのは傷だらけのメス

飽きもせずにまた無駄に抗うよ
大人達に食い荒らされてもまだ
いつか報われるいつか救われる
命捧げれば何処までも行ける

ただここで腐り果てる命
まだ愚かしく傷を舐め合うの?
身を投げ出して落ちて死ぬだけさ
錆びれた言葉は無意味

この狭い狭い浴室はただ
息苦しいだけ
色褪せた光に縋る
嗚呼惨めな姿ね
棘もなく
とめどなく
それは溢れ返り
凍え出す
死を悟れ
虫の息を止めて