_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9649.JPG

【A】
ダンパやコスプレに限った話じゃないんですが、「好きな事」に年齢や容姿は関係ありません。
いい歳こいて云々とか言われてもキニシナイ!


ずばり。


年齢や容姿は関係無い
老若男女、千差万別。多様な人に多様な趣味が認められるべきです。
自分の趣味のこと、他人に「XXXのにOOOが趣味な人」とか言われるのってイヤですよね。
でも、イマドキいるんですかねぇ?こんな時代遅れなコトを言う人…。いや、やっぱ、いるんだろうなぁ。
一応ちっぺの価値観で話しとくと、自分の好きな物を恥じる事自体がそもそもナンセンスなのと、
お互いの趣味をさらけ出し会える友人があなたの周りに居ない場合、ご自身の人間関係を見直すべきとも思います。
が、こうなると元も子もなくなってくるので…w


いい歳こいたオタクがイタイ理由
あーゆー「いい歳こいてアニメ好きな人はイタイ」と言われる、いわゆる「オタク差別」には30年くらいの歴史があります。気になる人は「埼玉連続幼女誘拐殺人事件」とかを調べてみるとヨイです。
今でも「犯罪者の家のテレビを調べたらプリキュアを視聴していた形跡があった」みたいな不自然な報道に対してオタクが激怒したりしてますよね。アレは、この当時の名残りだったりします。
ようするに、世間に「オタク=犯罪者予備軍」と思い込ませようとする奴らが昔から居て、丁度あなたの上司やご両親くらいの世代の人達が実際に思い込まされちゃってる状態。

以上が、アナタが今感じているであろうオタク趣味やコスプレ趣味を気軽にカミングアウトしづらい雰囲気真の姿です。


イタイ人は何歳になってもイタイ
たとえば「SNSの投稿の9割が批判と暴言とエロ画像(残り1割が宣伝bot)で埋め尽くされてるアニソンDJ」とか「あわせの撮影に平気でドタキャンして別のイベントに遊びに行くコスプレイヤー」とか
さすがのワタクシもその神経を疑うような行動を取る方々はオタク界隈にも結構多いんですが
中高生くらいのガキんちょなら遅刻欠席などの怠慢を多少やらかしても大人達は許してくれるとか、ババアと呼ばれる歳にもなれば年相応の教養や礼儀作法が身につくものだとか、思ってたら大間違いです。
大きなイベントに行けば、中学生なのに礼儀正しくテキパキ案内してくれるボランティアスタッフなんてアチコチに居ますし
責任を逃れようと見苦しい長文で自分を正当化するババアとは死ぬほど遭遇してきました。
オタクやコスプレがイタイんじゃなくて、イタイ人がイタイんです。


大事な事なので2回言いますが、
多様性を認め合えず腹の探り合いをするような人ばかりが周囲に居るのであれば、一度ご自身の人間関係を見直して下さい。



というわけでした。
まだまだ質問は募集中です