ところでどっこい、このQ&Aシリーズでちっぺが言ってる事にチョットした矛盾を感じてる人が居るかもしれないので、チョットした補足をしておきましょう。

DJ機材の使い方は色んな人に聞いて一つ一つ覚えていこうって書いたブログもあれば
初心者のうちは他のDJなんか参考にしなくていいって書いたブログもあります。
これなんですけど「技術の話」と「選曲の話」で大きく違います。


参考にすんな!って書いたブログ↓

人に聞け!って書いたブログ↓



まず「技術の話」からしましょう。
当たり前ですが、DJがDJをするためには、DJ機材を使います。どんなにセンスのあるDJだろうと、センスがクソなDJだろうと、全てのDJがDJ機材の再生ボタンを押し、音楽のボリュームを上げます。必要であればジョグホイールを回し、必要であればピッチを調整します。これは全てのDJに共通した「やらなきゃダメな事」です。また、曲を流してる最中にUSBが抜けないようにだとか、エフェクトをかけると音割れが起こる事があるだとか、「やっちゃダメな事」も全てのDJに共通してる事です。
やらなきゃダメ・やっちゃダメな事は、誰もが通る道なので、他人に教えてもらうのがイチバン早いよ。って話でした。


いっぽう「選曲の話」はどうかというと
これも当たり前ですが、全てのDJがボカロや特撮まで幅広い知識をつけてなきゃDJができないわけじゃないし、流行ってるからといって全てのDJがアイドリッシュセブンの曲を流さなきゃいけないワケでもありません。
流す曲を選ぶ、それらを流す順番を決める、機材のどこのボタンを押してどこのツマミを使うべきか、とかはDJが10人居れば、10通りの方法があります。初心者のうちからコレを他人に教えてもらったり参考にしようとすると、その教えてくれた人のセンスをなぞっただけの劣化版DJになる事が多いです。

ちっぺは昔、先輩のDJに「オンガクのガクじゃなくてだ」って教わりました。DJはお勉強ではなく娯楽です。また、娯楽の世界には「やっちゃダメな事」や「やらなきゃダメな事」は1つもありません

ただし「やっといた方がいい事」や「ヤメといた方がいい事」は無限に存在してますけどね…。
たとえば超マイナーなキャラソンだけで30分延々とDJをする事は、イベントのコンセプトによっては神DJにも糞DJにも成り得ます。それが「100人に嫌われても1人に刺したい」という思いを貫こうとするのは技術ではなくセンスです。「ヤメといて今回は大衆向けに媚びておこう」と安全牌を切るのもまた技術ではなくセンスです。
誰もやった事のない新しいモノを作り上げることが醍醐味とされる分野では、先天的なモノを活かすために他人のフィルターを通すな!って話です。

つまり、DJ機材の使い方は他人から教えてもらったり盗んだりしまくるべきですが、選曲どうしようかなぁというのは他人に聞く事じゃないよ。って事でした。

前にこんな記事も投稿したので、あわせて読んで欲しいです。 


質問箱にてお便り受け付けております。
アニソンDJにぜんぜん関係ない人生相談とかオタクの恋愛相談とかでも大丈夫です。ビットコインの事とかは解りませんがw