ほんじつも質問にお答えします

_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9515.JPG

【A】とくにないです。

よく「出たいと思ったイベントには1度は客として行ってみるべき」みたいな話を聞きますが、ちっぺはそう思わないです。
FD(イベント主催サークル「FIGHTING DREAMERS」の事を皆FDと呼んでます)の新人DJにもマジメなヤツが居て、たまに「色んなイベントで色んなDJを見て勉強してきます」なんて言ったりするんですが、むしろソレはヤメとけって言ってます。

ひとつ前の質問の回答にもチョロっと書きましたが、DJ初心者には初心者なりの利点を必ず持っているものです。で、初心者のうちから既存のセオリーだとか暗黙の了解みたいなやつにうっかり触れてしまったり察してしまったりすると、誰かの劣化版量産型モブDJになってしまう可能性もあります。

というわけで、まっさらな状態で参戦して下さい。
アナタが札幌市外から遠征で参戦という事なら、その距離感は弊害ではなく、むしろチャンスとして考えるべきです。
  1. 自己紹介で「XXXから来ました!」とか自分の地名を言う。
  2. 初心者故に自由な発想で色々やらかす。
  3. 「あのXXXのDJ」っていう印象が残る。
ちっぺが東京でDJする時とかは必ず「札幌から来た」を欠かさずMCで言ってましたよ。名前は覚えてもらえなくても「誰だっけアイツ、えーと、札幌から来てるとか言ってたなぁ」っていうのがジワジワ効いてきます。

ていう話は過去にブログでも語ったので読んでみて下さい。


強いて挙げるなら…最低限「DJ機材の操作方法が解る」という事だけクリア(これはニコパスに限らずどこの世界でも共通だし…)してくれれば、あとはちっぺに「ニコパスに出たいんですけど」って言うだけで出てもらうことができます。ようするにザルですw

ちゃっかり宣伝しますが、ニコパスの会場で「アニソンDJ練習会」というモノを開いてるので、設営の仕方が解らない場合はココに来てチェックしておくとよいです。

で、この練習会ですが、ちっぺが日程を決めてから希望者を集めるのではなく、先に参加希望者の都合を聞いてから日程を決めるというパターンもやってます。
質問者さんの言う遠征っていうのがどれくらい遠いのかは解りませんが、「xxから行きます」って備考欄に書いてくれれば優先的に日程を確保しておこうと思います。遠慮なくドウゾ。






というわけでした。