_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8109.JPEG
2017年12月23日、カエルでもわかるアニソンDJ勉強会なるものが無事に終了しますた。
出遅れちゃった人や、用事があって行けなかったという
人のために、この「カエルでもわかる」にまつわるアレやコレを報告していきます。


目的
アニソンDJイベントをもっと盛り上げるなら、お客さんを増やすよりアニソンDJ増やした方が近道なんじゃね?と思ったのが発端です。
で、そのアニソンDJを増やすために、アニソンDJっていうのが皆が想像してるよりずっとカンタンなモノで、想像してるよりずっと楽しいんだよ!って事を皆に知ってもらう必要がある…
そんなワケで始まったのがこの「カエルでもわかる」シリーズです。


ブツ
まず登場するのは【djay】というスマホアプリです。
中学生でも使いこなせるくらいシンプルでわかりやすく、キチンと練習すればDJ出演ができるという、無料とは思えない本格的なアプリ。↓
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8333.JPEG

これを【DDJ-wego4】というDJ機材に(スマホを充電するときのケーブルで)接続して使うというのが、今ちっぺがイチバン推してるスタイル。実際にこの環境を使ってダンパで活躍しているDJが既に多く居ます。↓
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8401.JPG

中学生でも!というのがハッタリではなくマジだという事を
「djayが入ったスマホをDDJ-wego4に接続して出演する中学生DJが自分のイベントに出た」
という実績をゲットした事から、コレはイケると確信。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7436.JPG
それが↑の、ソラくんとカイリくん。双子の中学生でコスプレイヤーという中々のレアキャラ。
(姉のルナちゃんは高校生。)

あ、そうそう、「DJ」と聞いて条件反射的に「酒とオンナと夜遊び!」みたいなR18ニュアンスで捉える大人がビックリするほど多いので、「ダンパは親子でも参加できる健全なイベントだよ」っていうメッセージを世に打ち出す必要もありました。
彼らが未来のダンパを救うという大きな功績を残す事になるのは今はまだ誰も知らない…w


予習&宣伝
ただチラシを配るだけじゃ集客的にも内容的にも弱いと思ったので、実際にこんな事を話しますよっていうブログをコツコツと書いていきました。

インストールとかエラー

選曲とか繋ぎ

人気者を目指す

メンタルを強く


当日れぽ
以上の内容を、組み合わせたり付け足したりしながら、デッカいスクリーンでお話しました。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8414.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8519.JPG
これこそ「中学生でもわかるくらいわかりやすく」伝える必要があったので、資料づくりは大変でしたが…w
ゆえに大人の人も「中学生でも解るなら、いい歳こいて機械オンチな自分でもきっと解る!」と思ってくれるかな〜とも思ってたので、もしその通りだったなら頑張って作った甲斐があります。

_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8415.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8416.JPG
↑中高生くらいのキッズ達が夢中でスマホをいじってます。
どう見ても皆でゲームしてるようにしか見えませんがw


_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8500.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8506.JPG
↑いくら簡単とは言っても、設定だとか配線だとかの詳細な部分や、「xxでxxしたい時はどうすれば?」っていう個別の疑問になると、さすがにややこしくなってくるので…
(あと、ちっぺのブログかgoogleで検索すりゃ解るじゃん。とか言われたら悔しいのでw)
人ごとに発生するギモンには1つ1つ丁寧に答えてます。えらい。


_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8456.JPG
↑ダンパに参加してからDJに興味を持った!という人が多いので、皆が練習する曲は必然的にダンパでよく流れる曲がメインになります。
なので、練習の合間に他の人の練習曲で踊る(しかもDJの背後で)というキミョーな光景になってました。
おまえら!今日はダンパじゃねぇんだから静かに練習しろ!w

_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8489.JPG
↑「必要なものはスマホだけ」というだけあって、DJ機材の利用に順番待ちが発生しない事や、「アッ、そうだ!いい事思いついた!」とナニカ閃いたらすぐにポケットからスマホ出して試せる事…。というのもdjayの魅力です。
あと、飲食物の持ち込みが自由な会場を借りたので、お菓子とジュースにも困りません(持って来てくれた皆、ありがとー!)



_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8514.JPG
というわけで、「折角だから色々と聞いておこう」というハングリーな人や、黙々と練習する人や、練習曲をBGMに酒とトークとダンスを楽しむ人、などカオスな空間でした。
おもしろかったなー!
おもしろかった!とか、おもしろそう!っていう反応が多かったらまた近いうちに企画しますよー!(だからこのブログ記事をRTしてシェアしてくれ!w)



勉強会、その後は…?
この「せや!アニソンDJもっと増やしたろ!」っていう考えと、このカエルでもわかる勉強会、じつは結構前からあって、当時からポツポツやってたんですけど、なかなか増えなかったんですよねぇ…。
お恥ずかしい事に「で、この勉強会に参加した人はどこでDJすりゃええの?」という事に気付いたのは勉強会が終わってからで、慌てて練習会や初心者でもチャレンジできるイベントを用意した。というナントもおそ松な結果になってしまいました。

…という反省を活かして、今回は勉強会を開く前から既に「実際のダンパ出演と同じ環境で練習できる機会」と「自身がついてきたら出演できる機会」を、それぞれ用意しちゃってます。


ダンパ出演と同じ環境で練習したい人!
今回の勉強会の告知ページに「練習会」のコーナーがあります↓ちっぺがよくダンパを開く「BAR LOCOTONTE」というお店で練習会を開いてます。
この練習会では時間と予算が許す限り勉強会に来れなかったヒトにもゼロから(インストールから)キチンと教えるので、気軽にスマホもって参加して下さいネ。
ここを見ると「毎月第1月曜日」なんて書いてますけど、ありがたい?ことに現在はコレが一瞬で定員オーバーしてしまうので、あぶれちゃった人達に
「じゃあ別の日にも練習会やるよ。いつ都合いい?」
ってな感じで打ち合わせして臨時の練習会を開いてる状態です。
なので実際は月に3回くらい練習会を開いてる事になります。こんな調子が続けばお店の方に「チョット早めにお店あけてもらえません?」とか「ラウンジの方も使っていいすか?」とか相談ができるので、遠慮なくじゃんじゃん参加しまくって下さい!


自身がついてきたので出演してみたい人!
練習会が満席になるくらいDJ志望者が増えてんのなら、その受け皿はあるのかい?というギモンがわくと思いますが、大丈夫。手は打ってあります。むしろまだまだDJが足りないくらいです。
勉強会や練習会に来た人にはコッソリ教えてますが…ブログではヒミツだ!!!!!
ヒントは「最近あんまり開催されなくなったイベント」と「頻繁に開催されてるイベント」です。近いうちにお知らせしますのでお楽しみに。ウフフ。