_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8109.JPEG

勉強会でお話する予定の内容に「ちょっとしたコツでライバルに差をつけよう」というモノがあります。
その話題の1つをブログで一足早く書いちゃう事にしました。
今日は「プロフィールの書き方」について。



ちっぺのようなコスプレダンスパーティを開く人の事を「主催者」って言います。
主催者がコスプレダンスパーティを開こう!と思った時、まず最初にDJを決める必要があります。
主催者が「誰にDJをやってもらおうかな?」と思った時に、上手なDJがいいなぁとか、かっこいいDJがいいなぁとか、おもしろいDJがいいなぁとか
一生懸命考えて、いっぱい居るDJの中から「この人がいい!」と思った人を何人か決めて「うちのイベントでDJやって下さい!」ってお願いをします。

DJをやっている人は「キミのDJは面白そうだね!うちのイベントでDJやって!」ってお願いされたら、すっごく嬉しいですよね?たくさんお願いされたいですよね!
(このように主催者がDJにお願いする事を「オファー」って言います)


でも、DJやってる人ってあちこちにいっぱい居るし、イベントでDJできる人数は限られているので、DJはみんな他のDJよりも面白いDJになれるように練習したり、勉強したり、頑張ってます。
せっかくDJをやっているんだから、人気者になって、いろんなイベントに出たいですよね。

どうやったら人気者のDJになれるんだろう?
じっくり考えてみましょう。


で、みなさん「プロフィール」って書いてますか?
自己紹介のことです。
得意技とか経験値みたいなのを色々と書いて「オレってこんなにスゴいDJなんだぜ!オファーしてよ!」っていうのを、主催者やお客さんにアピールするために書きます。
かっこいいプロフィールを書いておけば、主催者が見た時に「おっ!このDJおもしろそう!」って思ってくれるかもしれないし、逆に、ダサいプロフィールだったら、主催者に「このDJはつまんなさそうだな・・・」って思われちゃうかもしれません。
だから、キチンと書きましょう。

どういうプロフィールが「おもしろそう」「つまんなさそう」なんだろう?
ちょっと例を挙げてみるので、考えてみて下さい。
1人ずつ声に出して読んでみるのがオススメ。


◯Aくんのプロフィール
大きな町から小さな町まで、あちこちでDJしてます!
いろんな曲を知ってるからDJのバリエーションがたくさんあります!

◯Bくんのプロフィール
東西南北どこにでも飛んでいきます!
どんなジャンルの曲でもバッチリDJができます!

◯Cくんのプロフィール
あらゆる場所に出現するぞ!
新しい曲から古い曲まで、なんでもDJします!

◯Dくんのプロフィール
ちょっと前に沖縄から引っ越してきました!
お父さんのおかげでガンダムは凄く詳しいです!

◯Eくんのプロフィール
日本中すべてがボクの行動範囲です!
幅広い知識があるので、どんなオファーにでも対応ができます!



プロフィールが「具体的」か「具体的じゃない」か、それによって、他のDJと大きな差ができます。

具体的じゃないっていうのは
「でっかい」「なんでも」「いっぱい」「バッチリ」「いろいろ」みたいに、決まった名前の無い言葉の事です
具体的っていうのは
「ガンダム」「札幌」「初音ミク」「アメリカ」「ピカチュウ」みたいに、特定のナニカの名前の事です。


DJは皆たくさんオファーをもらいたいと思ってるから、オジサンばっかりのイベントにも出れるように練習したり、女の子が来るイベントにも出れるように勉強したり、流行ってるアニメソングとか、昔の懐かしいゲームの曲とか、ボーカロイドの曲とか、色んな種類の音楽をがんばって調べたり集めたりして
どこに行っても、どんなイベントでも、バッチリDJができるようになろう!
と思って頑張っています。

そして、あなたが頑張って努力した結果
「どこに行ってもどんなイベントにも出れるDJ」
に、実際になれたとしましょう
そしてプロフィールに
「どこに行ってもどんなイベントにも出れるDJ」
と書いたとしましょう

実はコレ、あんまり良い事じゃないんですよ。残念ですけど。「具体的じゃないプロフィール」は、あんまり覚えてもらえません。

じゃ実際に・・・あ、ちょっと待って、スクロールで↑に戻っちゃダメよ。さっきの5人の中で、とくに印象に残ったのは誰ですか?
たぶん、何くんだったか、名前は思い出せないと思うけど、
「なんか沖縄ガンダムっぽいのが居た」
というのは、覚えてるんじゃないでしょうか?

逆に、Aくんとか、Bくんのプロフィールがどんなのだったかは思い出せますか?
あんまり覚えてないと思います。東西南北だったような、知識が広かったような・・・?
もうこれっぽっちも覚えてないですよね。


じゃぁ、プロフィールには具体的な言葉を入れるようにすれば人気が出やすいの?
って事なんですが、そういうことです。
「特にコレはいちばん好きだ!」っていうやつを絞り込んで書くと、なおヨイです。

ちょっとまてぇい!
オレはONEPIECEが特に好きだから、プロフィールに「ONEPIECEが好き」って書いたとするじゃん?
でもオレはプリキュアも初音ミクも特撮もゲームもボーイズラブも最新アニメの主題歌も、なんだって出来るんだぞ?ワンピースしかプロフィールに書かないのは、勿体無いだろ!?
って思った人も、安心して大丈夫ですよ。

例をあげて理由を説明していきます。

例えば・・・あるプロフィールのDJがあるイベントで流したのがこんな曲としましょう

「アツい曲が得意な熱血DJ!」
・INVOKE / ガンダムSEED
・燃えてヒーロー / キャプテン翼
・ウィーアー! / ONE PIECE

ふむ。ふむ。
ロボットバトル、スポーツ、海賊王を目指す冒険
どれもアツいですね。プロフィールに忠実な選曲で問題ないです。


それではタイプが真逆のプロフィールの人が
別の場所で全く同じ曲を流したとしてみましょう・・・

「ホモ大好き腐女子DJ!」
・INVOKE / ガンダムSEED
・燃えてヒーロー / キャプテン翼
・ウィーアー! / ONE PIECE

ふむ。なにも問題ないですね。
これを読んでいるけどよく解ってない小学生や中学生のキミ達
もうすこし大人になったらイヤでも知るハメになるよ。


つまりどういう事かというと、まったく同じ曲なのに、DJが違えば、曲の聞き方も変わる。って事です。
もっとヘンな言い方をすると
DJが流す音楽の聴き方は、DJが決めなくても、お客さんが勝手に決めてくれる。なんて言えますね。

ようするに、キミがポケモンDJだとしても、ボカロDJだったとしても、プリキュア流していいし、ガンダム流してもいいし、ワンピース流してもいいんです。
DJって面白いでしょ。曲の数だけ可能性が広がるどころか、曲ごとにDJの数だけ可能性が広がるんだから、ワクワクは無限大です。

ですけど、これはあくまで基本中の基本で、ただ具体的に書けばいいというワケじゃなく、更にコツが必要になって来ま・・・あ、もうこんな時間だ。
続きは会場まで聴きに来て下さい。
それでわ。

あ、言い忘れてましたがコレは入場料が無料ですよ。