_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0982.JPG

というモノを月に何回かのペースでやってます。
持ち物はスマホだけです。
散々このブログで同じハナシを繰り返してるので、繰り返し部分は簡単にまとめてみました。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0987.JPG
  1. iPhoneとかandroidとかのアプリ「djay」を使います。無料でダウンロードできます。
  2. DDJ-wego4という機材に接続して使う事もできます。これは会場に設置してあります。
  3. 中学生や高校生の子もゲームで遊ぶようなノリで操作出来るくらい簡単です。
  4. 簡単なんだけど本格的。これを使ってDJイベントに出演してる人が既に何人もいます。

ここまではテンプレどおりですが、ここからは新しいお話。


1.未成年も参加できるようになりました。
今までは18歳未満が参加できなかったんですけど、今度からはこうなります。
  • 高校生 : 21時までオッケー
  • 中学生 : 21時までオッケー(保護者同伴)


2.ReloopのMIXTOURも寄付しました。
これ買ってLOCOTONTEに置いてきました。
誰でも使えるようになってます。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0989.PNG

DJ機材の真ん中あたりのツマミとかボタンとかがゴチャゴチャしてるあたりの部分だけをスポンッっと抜き取ったような機材です。
とてもコンパクトなのぇ、アチコチに機材を持って周りたいから荷物は軽い方がいい!という人には是非ともMIXTOURを使いこなせるようになって欲しいです。


3.ので、待ち時間も退屈しなくなりました。
ちなみに、このDJ練習会は時間交代制です。
なので、待ってる時間が凄く退屈です。
が、設置機材が2つになったので、待ち時間にもナニカしてたいという人は使われてない方の機材を触ってられるようになったワケです。



4.androidのサポートが超マトモになりました。

この練習会ではiPhoneかiPadの使用を推奨していて、androidは使えないって事は無いけどあんまりオススメしないよ。っていうポジションでした。
が、これも解決したっぽいです。

android版のdjayは動作が少々不安定のため、これまで書いてきたDDJwego4やMIXTOURの使用がオススメできないのは相変わらずですが…
その代わりにLOCOTONTEのwifi環境がグレードアップしたため、android版のrekordboxを使う事でCDJ-2000nexusに曲データを送信できるようになりました。
…と言われても意味がわかんない人は
スマホに入ってる音楽データをDJ機材に飛ばして再生出来るっていう機能がLOCOTONTEに搭載された。
と思ってオッケーです。

俺たち、未来に生きてんなぁ。

そんなわけで皆さんのDJチャレンジをお待ちしてます

_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9765.JPG
これは↑「BarLocotonte」が年に数回やってる「ロコバブ」っていうイベントの写真です。
バーロコトンテってのは、ちっぺがよくコスプレダンスパーティーを開催する時にお世話になってる会場です。ニコパスとか耳カレやってる所よ。

_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0296.PNG

写真をご覧の通り、これはLOCOTONTEの普段のお客さん…すなわち非オタ。パリピとか呼ばれる人種なんですが
オタクDJ達で会場を貸し切って、コレと同じ事をやっちまいましょう!って事になりました!!!
ぜってぇ楽しい!
濡れても大丈夫なカッコで参加してね!(LOCOTONTEにはシャワーもあるんだってさ。知らんかったぞw


これの開催日は2018年8月5日に決定!
まんがいち、他の団体の大っきなコスイベと日程がぶつかってもハシゴで参加できるように、時間はチョット遅めのお昼過ぎからやろうと思います。
ハシゴ特典とかも用意しとこう。

あと、DJ募集中です!
面白い事大好きな面白いヤツからのご連絡お待ちしとります。あ、コッチからも「出ない?」って声かけるので、その時はよろしくです。


詳細は近いうちにFDのページに載せます。
チェックよろしくぅ!



_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9863.JPG



【A】俺はそんなルール知らんぞw

ちっぺが所属しているサークル「FIGHTING DREAMERS」の、DJイベントのキャッチコピーや注意書きを見てみて下さい…
ほとんどが歌って踊ってワイワイやって楽しもうぜ!っていう趣旨のイベントですが、どのイベントにも「絶対にやらなきゃいけない事」っていうのは存在しません。

つまり我々は皆さんに歌って踊ってワイワイする事をを推奨してお誘いしてますが、命じ強制してるわけじゃありません。メッチャ極論を言うと、あれはお客さん達がそうしたくて勝手にやってるだけですw


…とか、そーゆー話じゃなくて?
質問者さんが意図してるのは、たぶん、ダンパで周りの人と違う事をしてたら白い目で見られる事が辛いとか、そういうアレでしょ?たぶん。

それはルールとマナーの違いとか考えてみると、自ずと解決すると思います。


世の中にあるルールだとかマナーだとか、そういうのが何のためにあるのかを確認してみましょう。
ルールは他人に迷惑をかけないために
マナーは他人に不愉快な思いをさせないために
それぞれ存在します。


まず、ダンパのルールってやつが何なのか?というのは簡単に定義できそうですよね。
  • コスプレイヤーを勝手に撮影しない
  • タバコは決められた所で吸う
  • 飲み物は持ち込み禁止
のように、ルールというのは全員が守るべき、やっちゃダメな決め事について書かれてます。これを守らないと誰かが理不尽にをしたり怪我をしたりモノを壊されたり、と明らかな迷惑を被るため、多かれ少なかれほとんどのイベントに必ず書かれていて、必ず皆で守られています。

  • ガスバーナーの使用は禁止
  • マヨネーズを撒き散らしてはいけない
  • 打ち上げ花火を打ち上げない
など、そんなもん当たり前ぇだろ常識なんだから言わなくてもわかるよね?というモノをイチイチ書いてたらキリが無いため、書かれてないルールは無数に存在してるとも考えられます。


じゃ、マナーって何でしょう?
たまにこんなツイートがタイムラインで白熱してるのを見ます
  • OOOの曲が流れてる時はXXXのコスプレイヤーに踊るスペースを譲るべきだ
とか。このような事は、ホームページの参加ガイドにも入場証の注意書きにも一切書いてません。こういうのは参加者達の間で自然と産まれて、全員が平等に楽しむ為に、全員で守った方がいいとされる暗黙の了解のようなモノです。
これを守らないと、誰かをムカつかせたり残念な気持ちにさせたり、白い目で見られたりします。見る人によって面白かった目障りだったりします。
こうした暗黙の了解てきなモノは、つまり「常識だから言わなくてもわかるよね?」という事なのでイチイチ書いてたらキリがないルールの1つとも見る事ができますね。


表でまとめてみました
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9864.JPG
こーゆー事になります。
つまり…質問にあるような「せっかくダンパに来たんだからジッと見てばかりいないで皆と騒いで踊ろうよ」っていうのは、参加者達の間にある共通概念であり、守らない事でキモがられたりハブられたりする事はあるかもしれません。が、主催者がそれを禁止したり怒ったり、逆に強制したりする事は絶対に無いです。
という結論になります。


コレは前の質問の答えでも書いた事ですが
こういう事を過剰に気にする人、周囲の人と多様性を認め合えないどころか腹の探り合いをしてしまうような人は、マトモな人間関係を築けてない可能性があります。これ↓参照


100曲近く振り付けを覚えててひたすらステージで踊りまくるようなダンパガチ勢のコスプレイヤーに
あの人ずっと踊っててステキだったなぁ、フォローしよう。twitterアカウントどれだろう?
という人もいれば
ダンパのステージに立って人気者気取りの勘違いブスさっさと消えろ
とか掲示板に書く人も居ます


ちなみに、ちっぺは疲れたとか飽きたとかそういえば納期が近いのを思い出したとかの理由で、バーカンの空いてる所で黙々と仕事したりしてます。
そこらの洒落たカフェなんかより、アニソン爆音で聴いてる方がよっぽど仕事が捗るんだよね。
スペシャルゲストが出て来ようとアンセムが流れてようとお構いなしに仕事に没頭してるちっぺに
ダンパに来てまで仕事っすか、大変っすね。次のイベントも楽しみにしてますから!
と挨拶してくれる人も居れば
何でダンパでパソコンいじってるの?そんなに忙しいなら家に帰って仕事すればいいのに。
とか言われる事もあります

踊ってても、座ってても、慕われたり、嫌われたり。
どーすりゃええねん。って思いますよねw
他人の反応など気にしてたらキリがないです。好きにしましょう。いざとなったらイベント主催者には「その他スタッフが不適切と判断した場合は指示に従って下さい」というルールがあるので、その時は大人しく従いましょうねw


まだまだ質問募集中です

↑このページのトップへ