_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2447.PNG
女性は一時の感情が抑えられず、『もういい!別れる!』と言ってしまったり、素っ気ない態度を取ってしまったり、時には攻撃的な言動を取ってしまうことがあります。

それに対し彼が『お前が別れたいんだったらいいよ。わかった。』と言うと、一時の感情が通り過ぎた後のあなたは『やっぱり…』と先程の発言や態度をあっさり翻します。

この様な"強がり発言"は、思い出せるだけでも1度や2度だけではなく、数えられないほど同じことを繰り返しているはずです。

なぜこのような"強がり"が何度も繰り返されるのかと言うと…理由は二つあります。


一つ目の理由は…

彼が優しいから、大人だから許してくれているのです。

『だって強がりでも言わないと私の気持ちが治まらないんだもん…』と、きっとあなたは言うでしょう。

では、事ある毎に強がりを言われる彼の気持ちを考えたことはありますか?

彼はあなたのたった一度の強がりに対して『わかった。別れよう。』と言っているのではありません。

大小さまざまな強がりを何度も何度も繰り返し言うから彼はあなたが本当に別れたいと思っているのかもしれないと思って『わかった。』と言っているのです。

考えようによってはこれも彼の優しさの一部なのです。

これまでも何度か同じようなことがあったけど『今までも結局仲直りできてるし、また許してくれるでしょ…』と言う甘えがあるので何度も何度も強がりを繰り返してしまうのです。

当然強がるときはそんなことなど考える余裕がないのでまたやっちゃった程度にしか思っていません。
そして彼の優しさを踏みにじる様にまた強がり、彼に負担をかけているのです。


二つ目の理由は…

あなたが心から反省できていないことにあります。

強がると様々な矛盾が発生します。

本当は別れたいと思っていないのに別れると言ってみたり、本当はイエスなのにノーと言ってみたり…

こんな高校生の様な恋愛は男性にとって非常に負担です。

強がりの後には必ず"でも、だって"という言葉を使って言い訳したり強がってしまったことを彼のせいにしたりするでしょう。

強がりによるケンカはあなたのせいだということを認識してください。

そして同じ失敗を二度としてしまわないようにしっかりと反省してください。


強がりを克服するには…

今まで強がりばかりでぬくぬくと過ごしてきたあなたは、強がりな自分をすぐに克服することはできません。

しかし最大限に抑える対策はあります。

それは"ぐっとおさえて何も言わない。"です。

これさえ出来る様になれば、これまでその場面に遭遇した時に強がって彼との仲を壊しかけていたマイナスの状況をプラスに変えることができます。

普段強がって何でも自由に発言していた彼女がぐっとこらえて何も言わなかっただけで彼は彼女が何かを我慢しているんだということを察します。

彼はその態度を見て、これまで以上に優しく接してくれるでしょう。



最後に…

自分の言ったセリフには責任を持ってください。

別れたいなんて簡単に言うものではありません。

くだらない強がりで足踏みするより、強がりをなくすことで交際を進展させてください。

強がってもいいことなんて何も起こりません。


芭蕉先生より