『来年も再来年もずっと一緒に居よう』
『君と結婚したいと思っている』

好きな人に言われたら嬉しくてそのままパンツを脱いでしまいたくなるようなこのセリフ…

これ以外にもとろけるようなセリフは沢山ありますが、貴女は言われたことありますか?


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2472.JPG



では…その彼とどうなりましたか?
今でも一緒ですか?


男性がこのセリフを言っている時はもちろん"そのつもり"で言っているのでしょうが、そのセリフを守れない人は少なくありません。


また、将来を期待させるセリフを多用する人ほど心変わりが早くそのセリフを実行できないのも事実です。


言われた瞬間はとても嬉しいし幸せを感じますが、一時の感情に左右されたセリフではなくこれまでを振り返ったセリフに重きを置いてみてください。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2471.JPG


『去年も一昨年も一緒に過ごしたね』
『君と結婚してよかった』

この様にこれまでを振り返って言うセリフの方が心に響きますよね。

大切なのは不確定な未来を期待させるセリフではなく、過去をしみじみと振り返るセリフなのです。

甘いセリフに一喜一憂されるのは"プレイ"として楽しんで真に受けないようにしてください。

芭蕉先生より



芭蕉先生LINE公式アカウント🎯


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2458.JPG

ごめんなさいと言う言葉は悪いことをしてしまった時、相手の気分を害してしまった時などにその謝罪の意として用いる言葉です。

しかし"ごめんなさい"と言えばこれまでの事がすべて許されたと思い、何もかもがリセットされたと勘違いしてしまう人がいます。


その人たちは決まってこう言います。

彼が機嫌悪そうにしていたから謝った…

怒られたから謝った…


つまり自分がしてしまったことを反省し、二度と同じ失敗をしませんという本来の意味が欠けているのです。

完全な"その場凌ぎ"です。

つまり…

怒られるのが嫌だから謝った。

悪いと言われたから謝った。

…に過ぎません。


更にその人たちは…

謝ったんだからもういいでしょ!?

昔のことまで持ち出して怒らないでよ!

まるで怒っている彼が悪いとでも言わんばかりの言動を取ったりします。

大きな失態でなければいちいち怒ったりする彼はいません。

しかし以前から気になっていて自分で気づいてくれるだろうという彼の期待を裏切り続けたから彼もたまらず注意をしているのです。

この様に同じ失敗を何度もしてしまう人は、彼に見放されてしまいます。

"ごめんなさい"とは、彼の怒りを静めるための言葉ではなく、二度と同じ注意をされないように今後注意しますと言う"責任ある言葉"であることを頭に入れておいてください。

そして心から愛される彼女になってください。


芭蕉先生より



芭蕉先生LINE公式アカウント

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2459.JPG

芭蕉先生に相談したことがある人なら一度は聞いたことのある言葉だと思います。

【尊敬】
人の人格や行為を高いものと認め、頭を下げるような、また、ついて行きたいような気持になること。うやまうこと。

【信頼】
信じてたよること。たよりにできるとして信ずること。

【感謝】
ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。


あなたは彼にこの三つを感じていますか?

これらを心から感じられないと交際は長続きしません。

この三つを心から感じているのであればその言葉を直接使わなくてもその気持ちは彼に伝わります。


ここで大事なのは"心から"そう思っているかということです。


薄っぺらい上辺だけの人は、尊敬してるし信頼してるし感謝もしている…と言うでしょう。

しかし実態は…

ふんぞり返って『尊敬してるよ~』
よそ見をしながら『信頼してるのに~』
『ありがとう』って言ってんじゃん!

ふんぞり返っていたりよそ見をしている人が本当にそう思っているでしょうか?

尊敬、信頼、感謝という言葉を直接用いて主張する人ほど本当はそう思っていない人が多いです。


彼はあなたの日々の言動を見ています。

注意した時の聞いている態度を見て尊敬を感じ…

お願いされた内容を見て信頼を感じ…

何かしてあげた時のお礼を見て感謝を感じるのです。


上辺だけの"〇〇している振り"では絶対に伝わりません。

彼が優秀であればある程この三つに敏感です。


これはテクニックでありません。

心から感じていれば自然に出来るものです…。


芭蕉先生より



芭蕉先生LINE公式アカウント

↑このページのトップへ