初めまして、恋愛心理カウンセラーの芭蕉先生です。

芭蕉先生のカウンセリングは"待つ"や"ガマンする"などの消極的な方法ではなく『出来ることがあるなら努力してでも積極的に事態を好転させたい!』と思う方またはそのようになりたい方に大変ご好評いただいております。

友達に相談するとやめなと言われる、距離を置きなさい、女性から連絡してはいけない等のアドバイスが本当に自分に合っているのかわからない…相手が自分のことをどう思っているか知りたいなどを自分で決められるようになります。


◆最近の良くある相談◆
・これって脈アリですか?
・自分で決められない
・体の関係から始まってしまったけど大丈夫ですか?
・どうしたら上手くデートに誘えますか?
・相手が〇〇してくれないなど相手への期待と希望
・相手の言う『忙しい』の意味
・LINEを送るタイミングや内容の添削をして欲しい
・都合の良い女になってしまっていないか?
・自分に自信がない
・相手の気持ちが分からなくて質問してしまう
・周りからやめなと言われるけど自分で決められない
・浮気を疑ってしまって不安で仕方ない
・恋愛マニュアルは私の現状に合っていますか?
・復縁の見込みありますか?
・不倫あれこれ…


人に悩みを打ち明けることはとても勇気が必要ですが、何もしなければ現状維持のままで事態が好転することはありません。

人は、考えて行動し…成功して喜ぶ…失敗して反省する…その先に"成長"があるのです。

ネガティブな発想ばかり浮かんでしまい、なかなか最初の一歩が踏み出せないという方の背中をグイグイ押して差し上げます。

恥ずかしいという気持ちを捨て、勇気を出して飛び込んできてください。


あなたの秘密は完璧に守ります。
安心してご相談ください。


まずは公式アカウントへご登録ください!
LINE Add Friend QR code
line.me


5月20日 銀座で恋愛セミナーをする事になりました。

打ち上げもアルヨ!


いつもは電話ごしにしか話せない人気の先生達に直接会える夢のようなイベントです!
会場は先生との対面カウンセリングブースとセミナーブースで構成されています。
電話相談の待ち時間にはセミナーを聞くことも出来るのでとってもお得!
この機会に先生と直接触れ合い、恋のお悩みも一気に解決しませんか?




別れた方がいいのかこのまま付き合っていた方がいいのか自分で決められない人…少なくないと思います。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2843.JPG



交際の継続や別れを自分で決められない人には様々な特徴がありますが、最も多いのが『相手の気持ちが分からない』です。

相手の気持ちが分からない人は相手の気持ちを知るために『私のことどう思ってるの?』『私のこと好きなの?』と質問します。

この質問…質問される側の気持ちになって考えたことありますか?

この質問をするということは、連絡もそれなりに取っていてそこそこデートもできている。当然エッチもしているでしょう。

そんな状況で『私のこと好きなの?』と質問して好き系以外を答えられる余地が残っていると思いますか?

つまり"好き"寄りの回答しか答えられない状況です。

よって回答すべき選択肢が限られているので『好きだよ』と言ってもらったとします。

好きなのかわからないから質問しているあなたは『好きなら〇〇して欲しい』『好きならどうして〇〇…』などの追加の質問をするでしょう。

こんな会話をしているカップルはずれ別れることになるでしょう。
なぜなら相手の気持ちを察することができないからです。
一緒に居て楽しそうにしている、落ち込んでいる、悲しんでいる、怒っているなどの感情もきっと察してあげることはできません。

相手にどのように思われているかわからない人…好きという言葉を言ってもらわないと好きなのかどうかが分からないと言う人…一緒に居る時に相手の何を見ているのですか?
相手の気持ちを察する能力は無いのですか?
そんなことないですよね。

もっとよく相手を見て色んなことを察してあげてください。
相手の気持ちを察してあげられるようになるには努力が必要です。
質問して簡単に手に入れようとせず、色んなことを考えて行動してみてください。
あなたがしてあげることのリアクションを見ていれば相手の気持ちが分かるようになります。
そうすれば相手との交際の進退を自分で決められるようになります。

芭蕉先生より

LINE Add Friend QR code
line.me



最後に、それでも相手の気持ちが分からないと言う人…相手の気持ちはあなたが感じているその程度です。
大好きでもなければ嫌いでもありません。
大好きと思ってもらいたいなら相手が大好きと思えるような人になれるよう努力してみてください。



↑このページのトップへ