月別アーカイブ / 2018年07月



IMG_20180730_224735.jpg



越後湯沢のファミリーマートで買った
ミネラル・ウォーター「津南」
越後湯沢からも近い津南町の水
けっこう美味しかった。



IMG_20180730_224701.jpg



車で来てるので今年も帰りに寄り道。
でもちょっと寄り道にしては
遠かった群馬県の山の中。



IMG_20180730_224641.jpg



旧信越本線の碓氷第三橋梁です。



IMG_20180730_224617.jpg



通称:めがね橋。
横川駅から軽井沢への碓氷峠越えは
中山道の頃からの難所で
鉄道もアプト式という車両と車両の間、
車体のセンターに歯車状の
第3の車輪がないと険しくて登れない。



IMG_20180730_224550.jpg



長野新幹線の開通を期に
横川~軽井沢間は廃止となったけど



IMG_20180730_224531.jpg



IMG_20180730_224510.jpg



使われなくなってから
ずいぶん経つはずだけど



IMG_20180730_224445.jpg



しっかりとした造りで堂々と立っている。



IMG_20180730_224415.jpg



めがね橋の前後には
煉瓦のアーチのトンネルも
けっこう遺ってる。



IMG_20180730_224346.jpg



IMG_20180730_224312.jpg



IMG_20180730_224248.jpg



橋の下の渓流。




IMG_20180730_224218.jpg



岩の上に育つ巨木。
道は寂れても木は育つ。

自動車道でも上信越道や
一般道の碓氷バイパスができて
この峠越えの旧道は
観光客くらいしか来ない。
台風明けの月曜日は
細かい折れた枝やら葉っぱが散乱
さらに「いにしえ」な感じを
醸し出してた(^ω^)






ホットハウス・フラワーズの
素晴らしい演奏の後は
ずっとフィールド・オブ・ヘブンにいた。



IMG_20180729_193411.jpg



ほとんどの人は「伝説」を目撃しようと
グリーンステージへ向かって
天国広場は閑散とする始末(笑)



IMG_20180730_030651.jpg


今年のフジロックの
最終アーティストに選んだのは
伝説ではなく、初めましての人たち
アメリカはミシガン州からやって来た
GREENSKY BLUEGRASS



IMG_20180730_030624.jpg


その名の通りブルーグラスの絃楽器5人組。



IMG_20180730_030520.jpg


サウンド・チェックの時は
ステージ前には数十人しかいなかったけど
ボブ・ディラン終わりで戻ってきた
連中を含めけっこういっぱいになった。



IMG_20180730_030429.jpg


IMG_20180730_030328.jpg


ブルーグラスはアメリカン・トラッド
日本ではポピュラーではない音楽だけど
歌メロが郷愁をそそる
美しいメロディなので
すんなり入ってきた。



IMG_20180730_030117.jpg



IMG_20180730_030045.jpg



IMG_20180730_030008.jpg


分かりやすいメロディだから
初めてでもすぐにシンガロングになる。



IMG_20180730_025915.jpg



IMG_20180730_025744.jpg



IMG_20180730_025654.jpg


いやあ二時間の熱演、楽しかった。
初めてでもけっこう盛り上がったのが
嬉しかったみたいで
また近いうちに日本に来たいって言ってた。



IMG_20180730_025511.jpg


IMG_20180730_025429.jpg


帰り道、初めて通った
ホワイトステージを迂回する道
人気アーティストが出ると
ホワイトステージは通行規制がかかるので
奥地からグリーンステージ方面へ
一方通行で新設された。



IMG_20180730_025411.jpg


今年も最終日の入場ゲートの裏に
来年の日程を発表。

まあ、だいたい7月の
最終週末なんだけどね。

来年は誰が来るかな?



IMG_20180730_033728.jpg


日曜日の越後湯沢の
ホテルの窓から見上げた月。




↑このページのトップへ