月別アーカイブ / 2017年01月



今日は退院一週間後の診察、
術後の経過も良好のようでまだ少し
ぼんやりするものの
手元は左よりくっきりと見え始めてきた。
後もう少し。


IMG_20170131_140701.jpg


病院の後は西武線で埼玉へ。


IMG_20170131_140648.jpg


入間川を越えて。。。


IMG_20170131_140630.jpg


元加治駅から歩いて20分くらいで
ムーミン谷にやって来た(笑)


IMG_20170131_140616.jpg


ここは、あけぼの子どもの森公園という場所で
なぜかムーミンをイメージした建物がある。


IMG_20170131_140559.jpg


と言っても建物は4つくらいなんだけど。


IMG_20170131_140546.jpg


メインのムーミンハウスは中にも入れる。


IMG_20170131_140534.jpg



IMG_20170131_140509.jpg


螺旋状の階段が迷路みたいになっているので
子どもたちには面白い造り。


IMG_20170131_140442.jpg


IMG_20170131_140417.jpg


ちょっと残念なのが
直ぐ横に市営グランド?があるので
ムーミン谷にはほど遠くなってる。
せめて数十mくらい距離はとって欲しかった。


IMG_20170131_140354.jpg


IMG_20170131_140341.jpg


でも再来年には同じ飯能市で
ムーミンのテーマパークがオープンだとか。

そっちも興味あるなあ。





IMG_20170130_211551.jpg


思い出せば20年とちょっとぶりに来た
シネスイッチ銀座。
恵比寿ガーデンシネマでの予告編上映で
気になっていた「ショコラ」を
観に来ました。

19世紀から20世紀に時代が移り変わる頃に
実在したフランス初の黒人芸人のショコラと
相棒の白人芸人フティットのお話し。


IMG_20170130_204301.jpg


かつては人気を博したものの
落ち目となってしまった道化師フティットが
地方巡業のサーカス一座で
人食い族のカナンガとして
見世物になっていたショコラと出会い
コンビを結成。
テンポの良いどたばたコメディで
脚光を浴びて地方巡業のサーカス一座から
パリの有名なサーカスに引き抜かれ
一世を風靡するまでになるも
まだ人種差別が公然とまかり通る時代の中で
その風潮に風穴を開けようと
もがき苦しむショコラの姿が切ない。


IMG_20170130_204413.jpg


パリのサーカスからの誘いに喜ぶ二人。
二人が組めば間違いないと思っていた。。。


IMG_20170130_204351.jpg


フティット役を演じたのが
ジェームス・ティエレといって
あのチャールズ・チャップリンが
母方の祖父で
父親も「ヌーヴォー・シルク
(新しいサーカス)」の
先駆けとなるグループを結成した人。
彼自身も四歳の頃から
サーカスに出ていたという
どうりで道化師の役が様になってたわけだ。

ショコラ役のオマール・シーも
俳優の他にコメディアンでもあるそうで
道化師の役の素質はあったんだね。


IMG_20170130_204327.jpg


黒人の人種差別を描いていながらも
このショコラ、
何かと白人女性によくモテる。
おい!( `_ゝ´)

ちょっと羨ましい( ^∀^)

最後には落ちぶれて
場末のサーカスの片隅で
死んでいくショコラだけど
仲違いした友情を取り戻して
逝けたのはグッとくる場面。

物語の最後に現存する
フティット&ショコラの映像が
ちょっとだけ入ってるのも
嬉しいオマケ。

見応えある映画でした。

↑このページのトップへ