今日は久しぶりにシネスイッチ銀座へ。



IMG_20190919_153633.jpg



早く着いたので劇場のすぐそばのカフェでガトーショコラ。



IMG_20190919_162456.jpg



今日観たのは「今さら言えない小さな秘密」
原題は「Raoul Taburin a un secret」で「ラウル・タビュランの秘密」になるのか。
フランス映画です。



IMG_20190919_162406.jpg



原作はジャン=ジャック・サンペ。あの「プチ・ニコラ」の作者でもあります。
映画「ニコラ」もかわいい映画だったな。
あの映画の主人公は小学生だったけど、今度の主人公はオジサン。



IMG_20190919_201328.jpg



南フランスの田舎の村で郵便配達夫の息子のラウル・タビュラン君の誰にも言えない悩みは。。。補助輪なしでは自転車に乗れない(´ω`)
彼の暮らす田舎の小さな村では子どもたちはだいたいが家業を継ぐのが普通で郵便配達夫のお父さんも継がせようと、自転車の特訓をするが乗れない。。。



IMG_20190919_200751.jpg



ツール・ド・フランスの国で自転車に乗れないのはカッコ悪いことらしく、学校でも何とかごまかしごまかしでやって来たが、ついに校外授業でみんなでサイクリングの日がやって来た!
追い詰められたラウル君の取った行動が決死の坂道直滑降!勢い余って空中回転の後に池にドボン!
しかし、これが逆効果になり、その後、ラウル・タビュラン伝説となり話がどんどん膨らんでいく事態に(´ω`)



IMG_20190919_201256.jpg



自転車には乗れないけど自転車は嫌いではないラウルは、自転車を知るためにお父さんからもらった自転車を完全に分解し、独学で構造を知る。
その後、村にやって来たツール・ド・フランスの選手の壊れた車輪をあっという間に修理して、村の自転車屋の親方に気に入られ弟子入りし、店を受け継ぐことになり近隣では知らない人はいない優れた自転車修理工になっていく。

大人になっても相変わらず自転車には乗れないのに。。。(´ω`)



IMG_20190919_201207.jpg



いつしかラウルも結婚し、嫁さんが両親を自転車事故で亡くした人だったので、これは祝いとプロポーズの時に、キミを悲しませないためにもボクは一生自転車には乗らないからねと、自転車に乗れない秘密を守り通せることに成功。
(なんせ、彼が秘密を告白したら聞いた者には災いがおこるからね。彼の父は告白を受けたあとに雷にうたれて死んだ)



IMG_20190919_201103.jpg



ラウルの暮らす田舎の村。
フランスには何度か行ったけどここまで田舎の方へは行ったことがない。
南部へはマルセイユしかいってないから。



IMG_20190919_201134.jpg



そして、村にパリからやって来た写真家のエルヴェ。田舎の職人たちをテーマにした新聞の連載な撮影で訪れたこの村で、有名な自転車修理工のラウルの写真を撮りたいと申し出て、工房での写真の他にもラウルが自転車に乗っている写真も撮りたいと言ってきた。。。
これは一大事!
ラウルはいったいこのピンチをどう切り抜けるのか?



IMG_20190919_201026.jpg



エルヴェが撮ったラウルの家族写真。
これはいい写真だ(  ^∀^)




IMG_20190919_200948.jpg



ETかよ!なシーンも (^ω^)



IMG_20190919_200902.jpg



あの「アメリ」の脚本家も製作に参加してるので、クスっと笑えてファンタジックなシーンが散りばめられた暖かい映画でした。







また新たにモッズをテーマにした映画が制作中だとか。



erjtt6oya78sum0lpqpq.jpg



The Pebble And The Boy



a5ydetfud6rsfhgjmqqk.jpg



「さらば青春の光」の続編とかではないと製作者は言ってるらしいけど、やっぱりブライトン・ビーチ。
(  ^∀^)

この映画、登場人物?がThe Jamのワッペンをモッズ・コートにつけてるので、ネオ・モッズの話か、ポール・ウェラーの音楽が使われてるそうなので楽しみです。日本でも公開されるかな?



IMG_20190919_155216.jpg



この缶バッヂ欲しい。。。





↑このページのトップへ