4年前に駿河湾の深海で見つかった巨大魚がその後の研究で新種だったという話。




m_sankei-lif2101250026.jpg



イワシの仲間で「ヨコヅナイワシ」と名付けられた。
魚偏に弱いと書いて「鰯」だけど、体長1.4mのヨコヅナイワシは駿河湾の食物連鎖の頂点にあたるらしい。



oWSmsDGrAP.jpg



深海魚だけあって顔が怖い。。。



MhZLFQQFFq.jpg



まだまだ他にも何かいそうな気がしてきた。東京湾だって館山と三浦半島の間の辺りはかなりの深い海らしいし。まだまだ何かいるのか?








Bunkamura ザ・ミュージアムの後は渋谷クラブクアトロでのeastern youthの今年最初のワンマンライブに行ってきました。


2回目の緊急事態宣言下において開演時間も一時間半前倒しで、クアトロのフロアには椅子が並びスタンディングや声援などは禁止されながらも曲の間の吉野節は舌好調(•‿•)



Sn7M5LYa_4.JPG



満席のフロアでウズウズした空気を抱えながらも爆音を炸裂させるイースタンユースも悪くない。(◠‿◕)

2回のアンコールで制限時間以内(4分前?)に終わりました。

アンコールで森田童子さんの「たとえば僕が死んだら」をやってくれた。この曲のイースタンユースのカバーが好きなので嬉しかった。





今日は渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の、



0LrlvoaMMW.JPG



ベルナール・ビュフェ回顧展に行ってきました。




wzu4qpZaEV.JPG



この画家のことは知らなかったけど、けっこう好きな作風の画家だった。



RkpZ1x00QA.JPG



細長い身体が特徴。



ucr9eAWWSJ.JPG



「黒」と「線」が強烈な印象を放つ。



q1we86xsxh.JPG



bjxcpJEGHf.JPG



FUHDd8RAji.JPG



作品の中でピエロの肖像画がいくつかあった。



UCuiJhMQbQ.JPG



「二人の狂女」
ベルナール自身が晩年の病んだ自分を表した作品だとか。



j5bycmWHoj.JPG



タイトルは「死 16」



9WfMc5Waat.JPG



回顧展のタイトルが「私の生きた時代」
1980年に来日もしてるとのことで生きた時代が被っていたので親近感も湧きました。
(◠‿◕)

静岡県に彼の美術館もあるそうなので、いずれ行ってみたいと思います。



H9Y9n4dn8a.JPG



見終わったあとはBunkamuraのカフェで2層のチーズケーキとコーヒー。



↑このページのトップへ