_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0582.JPG



離れ離れになってからの方が


ずっと君をそばに強く感じる









君の事考えずに過ぎた日など 
思い出せない









 
心配かけるのが 
君の何よりの得意技で




安心させ 
なだめるのが 
僕の返し技だった







傘の左端に寄る癖が治らない君は
左肩の鞄がいつもびしょ濡れで


今もまだ 
右側を空けてしまう訳は
きっと 
君も気付いてる








そこに
いつでも僕がいる事 
想い出と手を繋いで




僕の居ない道を 
君が真っ直ぐ歩けるなら


何処にも還らない 
その心の中に居るよ





_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0686.JPG




やたら派手な色のこのTシャツは
ノリで二つ揃いを買ったんだ





一つずつじゃ成り立たない物
幾つも残ってる




二度と袖は通さなくても 
あの日笑い転げた夏の日を
大切に畳んで 
またしまってる



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0473.HEIC






風邪ひき屋の君が弱る 
冬が近づいてる



何もしてあげられないけど…


僕から奪い取った 
あのジャンパーなら凌げる


どんな寒さも





そこに 

消えない愛があること 
温もりに肩埋めて





雪が包む夜を 
君が真っ直ぐ歩けるなら


誰にも溶かせない 
その心の中に居るよ



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0942.JPG




サヨナラが来たあの日の 

一秒前に戻して

その背中抱き寄せ 
僕に何が出来るだろう?







雨降る傘の右側 
想い出と手を繋いで



一人きりの道を 
僕は真っ直ぐ歩けるかな?









誰にも似合わない 


この心と同じ色の



君の心 
抱きしめて



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0581.JPG