_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0582.JPG



その命が走り出す為に 






数えきれない程の






走者達が繋いできてくれた 



一本のバトンには





握りしめて窪んだ跡や 




何度も落とした傷




生き抜いた 

その証を受け取って



この坂道を 駆け上がるんだ



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0582.JPG




いつかは君も 

誰かに手渡す時が来る





まだ何も見えない 



小さな手のひらに





振り向かなくて良いように 


ゆっくりと渡すよ…



真っ直ぐ 



力一杯 

走り出せるように







何百周も

昔 


このカーブを曲がった走者が





つまずきそうな時に吹いた 

一陣の強い風が




向かい風で良かった 

苦しかっただろうけど

 




体を立て直して 

走り続けてくれたから



今 僕は生きてる






いつかは君も 

誰かを愛する時が来る





まだ誰も知らない 

二人だけの色になる





巡り合い 


ぶつかり合い  


混ざり合い 

進もう



生まれる新しい道に 

コースなど要らない






追い越される度 

息が切れそうで



肩落とし 

空を見上げた



少し前の自分追いかけても



後戻りできる道など無いなら


前に


前に進む 







いつかは君も 

誰かに手渡す時が来る





まだ何も見えない 

小さな手のひらに




振り向かなくて良いように  

ゆっくりと渡すよ




何度でも 

バトンを支えに 



立ち上がれるように…



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0581.JPG