心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。


BUJp7Wi_zK.jpg

当院は、
自宅兼、カウンセリングルームになっています。


27年前
自分のカウンセリングルームを持つことを夢見てから決めていたことがあります。


それが
"スタートさせる時は自宅と仕事場を一緒にすること"
でした。


よく周りの方からは、
「自宅と仕事場は分けたほうがいいよ」
「仕事とプライベートは区別したほうがいいよ」
とアドバイスをいただきますが、

こうして今は、区別せず構えてやらせてもらっています。



それには訳があって、
もちろん私自身、

母の相談を聴くことに始まってる理由もありますが、

幼少期、
母が精神科に通院している際に、私も一緒に病院に付き添い、
その時の精神科医の先生の診察を見ていました。


カウンセリングをしているのですが、
見ているのは、パソコンの画面とカルテ

うちの母が話をしているのに
一度も目を合わせず、話を聞いているのやらいないのやら。


同じ空間にいるのに
医師とクライエントの間には
"こころの壁"が厚く敷かれているような印象でした。





私達は、目に見える商品を販売するわけではありません。

いうなら
見えないものを提供しています。


クライエントさんの悩みを聴かせてもらえるのは、
時には"人生"を一緒に背負う場面もあります。



そして、
悩める人だけじゃなくて

私達、聴き手だって
悩める人生を送っている。


そこに
境界線はなくって


聴き手もクライエントも
同じ人間で、悩む事もある。


ただ、役割があるだけ。



だから、
私の仕事は、
仕事が日常で
日常が仕事なんです。



それに
本当に悩める人の
一番近くで
仕事がしたかったのもあります。




経験を積めば
出来なかったことができるようになる。


でも
出来るようになると
出来なくなってしまうことが
実は大切なことだったりします。



だから
スタートしても
聴き手という立場を誇ることなく、
一人の人間として
向き合っていこうと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院 のホームページがリニューアルしました。相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。時代に合わせてしなやかに変化でき、悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。〜心治し元氣院〜真心氣光院 専用ホームページはこちらから

http://k-dialog.com/