月別アーカイブ / 2020年01月




心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0574.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0575.HEIC

やっと出来ました。
名付けて "体質チェックシート"
1カ月かかりましたー。


質問項目に答えれば
今のクライエントさんの身体の状態を知ることができます。
うちでは、一人一人カルテを毎回毎回つけていて
そのカルテをみたり
今までの、クライエントさんの状態を見聞して
得た情報を元に作りました。



作ろうと決めたのには
2つ理由があります。


1つは、
クライエントさん自身が今の身体の状態を
目で見える形で理解できるから。

心の問題は、目に見えない分
"わからない"ことが、実はすごいストレスになります。

目で見える形にすることで、原因が明確になり、
次にどうしたらいいのかわかるから安心できる。


もう一つは、
インフォームドコンセント。

病院にいくと、診察しても
医師が全てを話してくれるわけではないです。

私たちの場合
クライエントさんとの信頼関係は絶対です。

だから
共に、今の状態を一緒に考えられるように。
隠し事は無しです。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0542.JPG
 一番大切な事は、
クライエントさん自らが、
良くなりたいと希望を持てる環境をいかに用意できるかです。

そのためには
クライエントさんの声が絶対必要になります。


健康は二人三脚で作るもの。

私たちは、クライエントさんに育てて貰っているんですね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.JPG


心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0396.JPG

昨日、ある男性から
恋の相談を受けまして、30代半ばの男性です。


 
その男性
お付き合いしたい女性がいらして
何度か食事にいって、
その都度、自分の氣持ちを伝えるんだけど
オーケイの返事が貰えなくて困っている。

だから
ネットとか本で
いわゆる
"好きな人を落とす言葉"
なるものを見て勉強してアウトプットするも
上手くいかないとのことで、
どうしたら、彼女に氣持ちが届くのか?



私自身も
不器用な方だから、万能薬みたいなものはないし、
いつもはアドバイスって
全然しないんだけど、
自分の体験で何か役に立てるかもしれないと伝えました。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.JPG


"できないときにしかできないことってあるよね?"


氣持ちを伝わらないとき、
うまくいかないとき
できないとき

悩むし、不安です。

でも、その氣持ちは
伝えてしまったあとは味わえないもの。
伝えられない今だからできること。

苦しいけど、辛いけど。


上手くいかないとのこと、
伝えられないことを考えてたら
楽しくないし、辛いですよね?


なら
いまできる事をやればいい。


私ごとの女々しい話になりますが、

私だったら、

●好きになった日からずっと相手のことを考える
●朝、寝る前毎日"おはよう""おやすみ"をその人のいる場所に向かって言う。
●その人の好きなものを知ったり体験したりする。

ぐらいはします。


何をするかはあんまり特別じゃなくて

行動するかが大切。


想いは皆んな誰しもあるけど
それを行動に移せるのは"本氣'だからです。

行動したぶん
自分が相手を想う氣持ちが
植物みたいに育っていきます。

育った想いが心にあるか無いかで
相手に対する言葉も表情も変わるはずです。


伝わり方もね。


それは
いつか必ず相手の為にもなる。


家を建てる時と同じ。

ちゃんと土台をしっかり作らないと
いくら丈夫な材料を積んでも倒れてしまう。

努力して
時間をかけて
氣持ちを育てていけば、
ずっと相手を大切に想っていられると想うんです。


そして
その氣持ちが曲がらずぶれず
真っ直ぐなら必ず相手に届く。

届かなかったら
氣持ちにぶれがあったか、
重すぎて届かなかっただけ。



恥ずかしい話をしてしまいましたが、

その男性は、しっかり伝えられる人です。
失敗しても何度も挑戦できるんだから。


今できること
全力で一生懸命にやる。

不器用でもいいから


それは
今しか出来ない大切なことだから。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.JPG





心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0285.JPG


発達障害
アスペルガー症
対人恐怖症
うつ病


最近はやたら多く、
ネットだったり
色んな情報媒体で心の病の情報を見たり聞いたりします。




私のところに悩みを話に来てくださる方の中にも

病院の精神科、心理カウンセラーに

「あなたは対人恐怖症です…」

とか
「あなたは病氣です…」と言われて傷ついたり、自信をなくしてしまった方が来られます。


また
ネットや本で、心の病の事を調べて

「自分は病氣かもしれない…」と
劣等感をもってしまった方もいらっしゃったり。




たしかに
それぞれの病には、特徴があるけど

私が20年、クライエントさんの話を聴いてきて、
思うのは、


病氣と言っていいのか?

ということです。




なぜなら、
いままで話を聴かせてくれたクライエントさんは、
話を聴いていくうちに、

笑顔が増えたり
コミュニケーションが少しずつ取れるようになってきたり
素の自分をだして、

病と思えないくらい変化していくからです。


心の病は、診断したり病と判断する基準があいまいで難しい。

だからこそ、医師の診断一つで
傷つけてしまったりするわけです。


情報社会だから
たくさんの情報のなかにも根拠のないものもたくさんある。



対人恐怖症です。
うつ病です。

そう名前をつけられたら
そうなってしまうのが人の心です。



27年悩める人の話を聴かせてもらった経験から
言えるのは、


素直な心で向き合ってくれる人に出逢えたなら
素直な自分に戻れるということ。



素直な自分に戻れたなら、心の傷も自然治癒していくんですね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0396.JPG


↑このページのトップへ