月別アーカイブ / 2019年06月


心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3566.JPG

「毎日頑張っているのに報われないんです…」
「頑張っているのに周りは認めてくれないんです…」

そういった声は
たくさんあります。



努力しても

報われるひと
報われないひと

認められるひと
認めてもらえないひと

現実には別れてしまうことがある。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3889.JPG

ひと昔、

"徳"

という言葉が日本ではよく使われていました。

徳を積む
だったり
徳のある人
という使われ方をしました。

徳のある人というのは、
精神的・道徳的にすぐれた品性・人格をもった人ということになります。




努力の話に戻します。


頑張っているひとの中に

●人前で頑張る人
●人の見えないところで頑張る人

この2つのパターンをよく見ることがあります。


この2つのパターンの人がいたら
あなたはどちらの人を応援したくなりますか?

どちらも
自分の為に努力しているはずなのに
人の感じ方とは不思議なもの。


きっと
人の見えないところで努力しているひとに惹かれる方が多いのではないでしょうか?



見えないところで努力できるひとは
物凄く強い。

いうなら
徳を積んでいる人。

なぜなら
その努力がその人を育てているから。

見えない努力は、その人の心に
"強い自信"を育てます。


その自信は

言葉にでるし、
姿勢にでるし、
表情にでるし、
生き方にでる。


育った自信に
人が集まり、認めて貰える。



恋愛も同じ

「好きな氣持ちを伝えたい」
「早く氣持ちを言葉で伝えなきゃ」

氣持ちを早く伝えることばかりに氣が行きがちだけど、


伝えられない時間
逢えない時間
その人を想う時間

その時間こそ
その時にしか味わえないし
大切なんです。

辛いし
寂しい
けど

その時間が
好きな人に対する
愛を育ててくれます。


育った心で伝えた言葉は
「好きです」
の一言でも
もの凄い
重いし、誰にも負けない
"好き" になる。

必ず相手に伝わる。



だから
人の見てない場所で
頑張ってみる。

無駄な様に思えるかもしれないけど

人は心で感じて動く生き物。

小手先のものじゃ、伝わらない。

ゆっくりでいい、
確実でいい

あなたの心を育ててみてください。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3905.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院 のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院 専用ホームページはこちらから↓
http://k-dialog.com/

心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。



↑動画を再生すると音声が出ますのでご注意ください。


小さい時から今迄
お手本にしている人がいます。

それは、
侍の時代を終わらせ
近代日本をつくった
"西郷隆盛"です。


私の名前は
おじいちゃんがつけてくれた名前なんですが、
西郷隆盛の "隆" をとってつけてくれました。

だからよく
自己紹介で、漢字の説明をするときも
西郷隆盛の隆ですとよく説明していました。



日本で知らない人がいないくらの偉人ですね。


大人になってから
本を読んだり勉強会にいったりして
どういう人物なのか?
学んできたのですが、

私の今の
仕事や考え方にすごく影響を受けました。



一言で説明するには仕切れない部分がありますが、

150年経った今でも
日本中の人達から愛されています。


誰よりも涙を流し、
誰よりも走り回り
誰よりも傷つき
誰よりも努力して
誰よりも人を愛した人

そして
立場の弱い人達の声に耳を傾けて
常に人の為に生きてきた人です。


私自身も、
人の人生と向き合う仕事をしています。

だから
どんだけ忙しくなっても
たくさん仕事をいただけるようになっても
これから一生忘れず愚直に生きて行きたいと思っています。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3889.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3889.JPG


その命が走り出す為に 
数えきれない程の
走者達が繋いできてくれた 
一本のバトンには


握りしめて窪んだ跡や 
何度も落とした傷



生き抜いた その証を受け取って
この坂道を駆け上がるんだ



いつかは君も 
誰かに手渡す時が来る

まだ何も見えない 
小さな手のひらに

振り向かなくて良いように 
ゆっくりと渡すよ

真っ直ぐ 力一杯 走り出せるように…




何百周も昔 
このカーブを曲がった走者が


つまずきそうな時に吹いた 
一陣の強い風が


「向かい風で良かった…」 
苦しかっただろうけど


体を立て直して 
走り続けてくれたから
今僕は生きてる




いつかは君も 
誰かを愛する時が来る
まだ誰も知らない 
二人だけの色になる

巡り合い 
ぶつかり合い 
混ざり合い
進もう

生まれる新しい道に
コースなど要らない




追い越される度 
息が切れそうで


肩落とし 
空を見上げた



少し前の自分 
追いかけても
後戻りできる道など無いなら

前に 
前に進む My aim is true



いつかは君も 
誰かに手渡す時が来る

まだ何も見えない 
小さな手のひらに
振り向かなくて良いように 
ゆっくりと渡すよ…

真っ直ぐ 
力一杯 走り出せるように


何度でも 
バトンを支えに 
立ち上がれるように

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3916.JPG

↑このページのトップへ