月別アーカイブ / 2019年04月

対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。




先日
ある若い男性〔30歳代〕とお話ししていた時のお話し。

その男性は、

「何か挑戦してもピンとこなくて、
何がやりたいのか今ひとつわからない…」

そう悩んでおりました。


その男性

●たくさんの本を読み
●たくさんの勉強会に参加して
●たくさんの人の出会いがある


色んな経験をされてきたし、
今も会社員で毎日頑張っております。



きっと
この男性のように
同じような悩みを抱えている方も
たくさんいらっしゃるかと思います。



現代は
物事が急速に進み、
入ってくる情報もたくさんあります。


今皆さんが
手にしている
スマホやパソコンで
たくさんの情報がすぐさま手に入りますね。


便利だし、なくてはならないものでもありますが、


先の
"やりたいことが見つからない"
悩みの原因の一つの要因になっているかもしれません。




たくさんの情報に触れていると

"自分にとって何が大切な情報なのか分からなくなります"

一つ一つの情報が流れていってしまうからです。


それは
自分の心も流されてしまっている。



現代は特に
本当の自分を外に求めると混乱してしまう世の中なのかもしれません。


自分の心と過ごす時間。

世の中の流れに乗ることも大切ですが、
その流れから少し外れた時間。

外じゃなく中を見つめる時間
必要な時代なのかもしれません。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3420.JPG


⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓

対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。




"身体の病"
"心の病"

そんな
悩める方に共通するのが
"冷え"
であります。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3335.JPG

肝臓病を患っている方は
肝臓の部分に触れてみると冷たく感じるし、元氣がない、疲れてるひとは下腹部が冷たくなっています。


身体の冷えは、
慢性化すると
"心の冷え"〔神経〕
に繋がります。



冷えの
主原因は
バランスの乱れであります。


例えば
若い人に多いのが

痩せたいから、炭水化物を抜いた
野菜オンリーの食事スタイル。

お菓子や
インスタント食品がメインの食事。


極端な食生活の偏りが身体に冷えを促します。


食生活だけでなく、
生活リズムも同じです。


それを考えると、
日々の生活の中に
原因が隠れていることに氣がつきます。


誰もが
病は外からやってくると思い込んでいます。

だから
病だけを退治しようとして投薬したり、
病にばかり意識が向いてしまう。


しかし
本質は違います。

病は
バランスの乱れた日々の生活の中から生まれ、習慣から生まれます。

だから、
自分の中にあるのです。


病の根本原因がわかれば
その病は半分治ったと同じだといわれます。



私も20年前の今頃、
母を元氣にしたくて、
毎日、母の病の事を学んでいました。

色んな参考書を読んだし、医学書や心に関する本も読みあさりました。

でも、ついたのは知識だけで、
そこに答えはなかったんです。


病を
病としてしか見てなかったから。
だから病を知り、病を倒す事だけを考えていたからです。


その
小さな氣づきが
健康になる大きな一歩に繋がるんです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3438.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓

対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3420.JPG


相談者の方に良く言われるのが、

「どうしてそんなに強い人間でいられるんですか?」

そう言われる事が結構あります。

「そんなに強くないんだけどなーー」
と思いつつ聞いているわけですが、


そもそも

"強い人"
"強い心を持ってる人"

ってどんな人なんだろう?
と真剣に考えてみました。



●泣かない人
●弱音を吐かない人
●弱点のない人
●くじけない人
●身体〔こころ〕の丈夫な人

とりあえず思い浮かぶだけ
書いてみるとこんな感じでしょうか?



先に書きました。
「どうして強くいられるんですか?」
とよく質問される私ですが、

実は、この項目
一つも当てはまりませんでした。

よく泣くし
弱音をはくし
くじけるし
弱点だらけ

です。


つい先日も、
人前では泣かないんですが、
先輩の歓送迎会で皆んな人の前で泣いてしまいました笑

23歳くらいの時、
関西に彼女がいて遠距離をしていた時なんて、
久しぶりに会って別れる時、
笑顔で別れたあと、
寂しさの余り、
帰りの新幹線のホームで

2時間
1人で
泣いて泣いて
毎度、ホームの車掌さんに心配されて
いたこともあったり
涙エピソードだけでも語り尽くせないくらいあります。



強いといわれるひとほど

たくさん泣くし
たくさん弱音をはくし
きっと弱点だらけ

人前ではみせないからなかなか
周りはわかりづらいだけ、


でも、
泣いた分だけ
弱音を吐いた分だけ
弱点で苦労した分だけ

きっと

人の氣持ちを理解できます。
辛い人、弱い人の氣持ちがわかります。


そうすると、

周りに優しくなって

優しくしたぶんだけ、
周りが助けてくれたり、優しくしてくれる。

強い人=周りの支えがあるから

だと思います。


だから

強くなりたいなら

たくさん泣いて
たくさん弱音を吐いて
弱点だらけでもいい
身体が弱くてもいい

弱いところがあっていいんです。

人は1人じゃ
強くなれない。

たくさんの人の支えがあって
人は強くなれるのです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3134.JPG


⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓


↑このページのトップへ