月別アーカイブ / 2019年02月


感謝ダイアローグ

対話師の鈴木隆行です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3134.JPG

昨今、
ストレス社会といわれるほど
ストレスが多い時代であります。


けれど、
大概の人は、元氣な時は身体の事を氣にしないですが、
病氣をした時や、体調を崩したときに
はじめて、"健康"を意識されるわけです。



身体には、必ずと言っていいほど
病氣になるまえに
なんらかの無理をしてしまっているもの。

睡眠不足がつづいたり
無理をしてしまったり
疲れがたまっていたり
痛みがあったり

強いプレッシャーを抱えていたり
悩み、心配事があったり


こうして
身体や心にとって不都合といえる
事がしばらく続き
その人の許容範囲を超える事で
ストレスになります。


しかし、
どう生きてもストレスを完全に排除することはできないものです。

そうなると大切なのが、
ストレスを受けても振り回されない方法を知っておくこと。

これが大切になってきます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3220.JPG



◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
 "ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。  ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3134.JPG

よく、
ストレスは万病の元
ストレスが原因で自律神経のバランスが乱れている。
結果、心身の不調にかかってしまう。
と言われませんか?




確かに、間違いではありません。




「会社(学校)でのストレスがきつくて自律神経の働きが悪くなっている。」

でも実はこの様な捉え方だと、

"自律神経のバランスを整えられない"
=心身が健康になれない

という負のスパイラルに陥ってしまいます。


私の母は
私が生まれる前から

●不眠で眠れない
●頭痛がひどい
●食欲が湧かない
●怠くて動く氣にならない

などの症状に悩まされていました。

周りの誰に相談しても、

「疲れてるんだよ」
「寝れば治るよ」

と言われ、
「誰にも分かって貰えない」
と、1人で泣いている母の姿を私も幾度なく見てきました。


そして、
すこし評判の良い
心療内科に通い始めてカウンセリングを受けはじめました。

そこで言われたのが、
「ストレスが原因ですね」



それから20年近く、
母は薬が手放せなくなり、ずっと病と闘い続けておりました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3220.JPG

もしあなたが
「ストレスが原因ですね」
そう言われたら
明日からどう氣をつけますか?


会社がストレスの原因だとしたら、

会社を一年休みますか?
それとも転職しますか?

家庭が原因だとしたら、

離婚しますか?
家庭から離れて実家に帰ってのんびりしますか?

身近な人間関係が原因だとしたは、
一昔前の日本みたいに"人間関係を鎖国状態"にしてしまいますか?


それはなかなか現実問題難しいですよね??


何が言いたいのかというならば、

ストレスがかかる生活を
排除するのは難しいということです。


だから、
"ストレスが原因です"
は、余計状態を悪くする原因になりかねない。

なぜなら、八方ふさがりになるからです。



じゃあどうすればよいか?

自律神経のバランスが乱れてるから
ストレスの影響を受けてしまう

こう考えるといかがですか?

ストレスを受けても対応できる心身を作っておくことが大切だと思います。


ていうか、
"ストレスを受けても大丈夫な心身"
これも、深い言葉ですが、今は自律神経の話をすると、


例えば不眠症でいうなら

「眠れない、寝つきが悪い」
とても多く聞く症状ではありますが、

眠りにつく=副交感神経

の働きが関係しています。
でも、
大切なのは

目覚めの時

目覚めの時=交感神経
の働きになります。

だから、
このバランスがしっかり機能していないと、朝スッキリ目覚められずに1日疲れた様な状態になります。

つまり、リラックスすればいいというわけではない。※副交感神経のみではだめ

睡眠は
脳を休める効果があります。

不眠は、脳の疲れが溜まっていくために
脳の機能低下や細胞破壊によって

鬱病や心身症の原因になります。


「ストレスが原因です」
これは落とし穴でもあります。

ストレスとどう向き合っていくのか?

私達、聴き手も考えていかなければならないのかもしれません。





◼️真心氣光院からのお知らせ◼️
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3249.JPG


真心氣光院 開院 特別企画
自律神経を整える施術体験会

開催いたします。

● 最近疲れやすくなった
● 眠りが浅くなった
● 1日中怠さが残る
● 食欲がない
● 氣持ちが沈みがち

などの症状を感じるかた
ぜひ当院の体験会にお出掛けください。

イベント詳細、ご申し込みなどは
下記の専用ページよりお願いいたします。


真心氣光院施術体験会特設ページ

感謝ダイアローグ

対話師の鈴木隆行です。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3143.JPG


今日は、
訪問施術を初めて4か月のクライエントの所にお邪魔してきました。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3227.JPG

だいたい、お腹を空かせてきているのを
見かねて、お昼を用意してくれていました。

感謝。


月一度の施術ですが、
4か月前、カウンセリングで話を聴いたときとはまるで別人です。


顔色が良くなり、
話してくれる話が前向きな話で、
体温が上がった、

何より
びっくりなのが、

20年不眠症で悩んでいて。
〔かなり強い"睡眠薬" を18年飲み続けていた程です。〕
それが、最近
いつのまにか寝てしまうほどで、
睡眠薬が
余ってしまうほどらしく。


「自力で眠ることができますね」
「氣分はどうですか?」

と聞くと
笑って

「不思議な氣持ちです。」
と笑顔で嬉しそうに話してくれました。


私の予想では、
あと一か月もすれば、
睡眠薬なしで、眠れるまでいけると思います。
〔自律神経のバランスが整ってきた=心身のバランスが整ってきたから〕

本当に
人間の自己治癒力には毎回驚きます。


だけど、
決して私から
「薬はいらないですね。」とか
「薬はやめてください。」

とは
いいません。


それを選択するのも
クライエントです

それに
20年続けてきた事を
やめるのは

かなりの
"恐怖"  "不安" がつきものです。


その選択は
彼女に任せています。

その20年の時間を
私に否定する権利はないからです。



その20年が
あったから今という時間がある。


今はそう感じないかもしれない。



でも
もし
それを乗り越えたとき

その20年の時間をどう感じるのかな?



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3228.JPG
↑クライエントからいただきました、
バレンタインのチョコ🍫

↑このページのトップへ