月別アーカイブ / 2018年11月

感謝ダイアローグ
あなたの心と身体を元氣にする"対話師"
鈴木隆行です。




聴き手時代に氣をつけていたことがあります。

それは

『自分の心の庭がどうなっているのか?』
ということです。


どういうことかというと?



聴き手の心の状態が相談者に影響を与えるからです。



私自身
色んな相談を立て続けに聴いて
1人1人の悩みに対して一緒に悩んでしまっていた時期があります。


その時のわたしの心の中は

うつの相談…
会社の人間関係…
家庭の事情…

と心の庭は取っ散らかっていました。



その散らかった状態で私が相談者の話を聴いていると
不思議と
相談者自身も頭がごちゃごちゃし
より深い悩みのスパイラルに陥ります。


日常の人間関係でも
同じだと思います。



自分に厳しい目で見ていれば
→周りの人も厳しく接してくる。

自分に攻撃的であれば
→まわりも攻撃的に接してくる。

自分に嘘をついていれば
→まわりも偽りの自分で接してくる。


まさに自分の心の写し鏡です。



自分の内面が変われば
付き合うひとも変わります。


人間関係の問題も
相手を変えようとするより

自分の内面を変えた方が手っ取り早かったりします。



最近
人間関係の問題に苦しんでいる人が
たくさんいますね。


これも、
心の庭が関係しているように思います。


人は誰しも
"我の自分"と"本当の自分"の葛藤をしています。

これが現実世界に映し出されてしまう。


これがなくならない限り、人間関係の問題も戦争のような争いもなくならないのかもしれません。



あなたの心の庭は
どんな状態ですか?

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2759.JPG

感謝ダイアローグ
あなたの心と身体を元氣にする"対話師"
鈴木隆行です。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2989.PNG
真心氣光院の専用ページが完成いたしました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2990.PNG

真心氣光院は、
うつ病専門の氣光院です。
 

日本では、うつ病の患者数が506万人

そしてその10%だけしか適切な治療をうけていません。



私自身も、
たくさんのうつ病で苦しむ方を見てきました。

今は、薬物療法が主流です。

多くは薬を使って治療します。

でも、薬は服用している時こそ楽にはなりますが服用し続ければ、クセになり依存してしまいます。


それが、はたして根本治療になりえるのでしょうか?




真心氣光院では、
目には見えませんが、"氣"というものを使って施術していきます。

27年間、
心理学、カウンセリングを学び実践してきた私が行き着いた、氣光施術。


一度ご体験していただければ幸いです。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2951.JPG


感謝ダイアローグ
"真心気光院"
開院いたしました。

12月に埼玉で"気光施術体験会"を開催いたします。

詳しくは
をご覧くださいませ。


感謝ダイアローグ
あなたの心と身体を元氣にする"対話師"
鈴木隆行です。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2950.JPG
先月こんな体験をいたしました。

仕事ややらなければいけないことが重なり、
朝から深夜まで
休まず働いていた時期が2カ月くらいありました。


あるとき、
喉がイガイガしてきて咳が止まらなくなりまして、
それでも休まず続けていたら、
いきなり身体が痙攣して動けなくなり、その晩熱が39度を超えてしまいました。


頑張りすぎていたんですね。


頑張っているときは、
交感神経が活発に働き、
疲れは感じないほど頑張れてしまいます。


その落とし穴が
"身体のことを忘れてしまうこと"


私の場合は、
心と身体のバランスが乱れてしまいました。


氣光施術をさせていただく際も、
この様にバランスを崩されて身体を悪くしている方はたくさんいらっしゃいます。


でも、
受けることで日々の生活のバランス、
心と身体のバランスを意識して調整しているように見えます。


今の時代
交感神経と副交感神経のバランス然り、
心と身体のバランスを崩しやすい世の中です。


働きすぎ、疲れすぎに
氣をつけて

時には身体の声を聴く時間も必要ですね。



感謝ダイアローグ
"真心気光院"
開院いたしました。

12月に埼玉で"気光施術体験会"を開催いたします。

詳しくは
をご覧くださいませ。

↑このページのトップへ