月別アーカイブ / 2018年01月

 いつもご愛読ありがとうございます。

感謝ダイアローグ
対話師の鈴木隆行です。
 
CYRhtRv7GB.jpg

私がカウンセリングを学んでいるときに、
ある方とカウンセリングセッションをしたんです。

私が相談者役で
その相手の方がカウンセラー役です。


その時の相手役の女性の方、
ものすごく姿勢がキレイだったんです。


すーーっと背筋が伸び、
まったく動きません。


まるで
御神木みたいな雰囲氣がただよってます。


そのセッションは不思議で、
私自身かなり、深い悩み話をしてしまいました。

話がでるでる。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1639.JPG


姿勢が安定していると、
安心感、信頼感が伝わります。



フラフラしているひとをイメージしてみて?



フラフラ動いてる人を見ると
なんか頼りなく感じたりします。

じゃあどんな風に安定させるのか?


意識は
お腹のおヘソの下にある
"丹田"という身体の中心にあるツボに意識と重心をおとします。


XIDm5F8NQN.jpg
坐禅をするときも
丹田を意識して座ります。


お腹に意識を向けることで
純粋に話を聴くことができます。

なぜなら、お腹に意識を向けているので相談者の話を頭で判断しないで聴けるから。


そして何より、
自分自身が落ち着いて話を聴けます。


そうすると、相談者も安心して
自分の心と向き合えるんですね。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1714.JPG


8h6UOvEgMU.jpg

情報が交錯して、
劇的に毎日が変化する時代。

今日あったものが
明日には違ってたりする。


そんなワサワサした毎日を
過ごしていると、


毎日が流れるまま流れていってしまう。



でもって
この流れるままにいくと
こんなことを感じることがある。


「このままでいいのかな…」
「これでいいのかな…」


でもよぎるだけで
また流されて
繰り返し繰り返し。


どこかで
立ち止まって
"深める"

こんな時間があったらどうだろうか?
じっと深めて

そこからまた歩きだすのも
今の時代
必要なのかもしれない。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1714.JPG

感謝ダイアローグ
坐禅会 参加者の声はこちら 


感謝ダイアローグ
対話師の鈴木隆行です。


私たちが相談者のお話を聴かせていただく上で大切なこと


「呼吸を安定させる」こと。


呼吸が乱れてしまえば、心が乱れてしまいます。

心が乱れてしまえば、相談者は安心して相談することができません。



なぜなら
心=身体

繋がっているから。


そして
呼吸にも

"浅い呼吸"
"深い呼吸"

とあります。

より深い呼吸で対話師がいるなら
相談者もより深いところまで自分と対話をすることができる。

zW5XV4gh4F.jpg

坐禅は
この深い呼吸にひたすら意識を向け座ります。


この坐禅をしている感覚で
人前にいることで
安心感、信頼感を与えることができるんですね。


m7yrZ_bT7j.jpg
感謝ダイアローグ
坐禅会 参加者の声はこちら

感謝ダイアローグ公式ホームページ
https://k-dialog.jimdo.com/






↑このページのトップへ