月別アーカイブ / 2017年11月

感謝ダイアローグ
対話師の鈴木隆行です。
DcJX1HwJqb.jpg

坐禅をしているとき
よく

「無心になりなさい」
「雑念は払いなさい」

と言われたりしますね。

要するに
坐禅中は集中して
余計なことは考えるなということですよね。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1555.JPG

坐禅中はリラックスしているようで
実は脳の中はフル稼働しています。


静の中では心が整理され
その中からポンッとイメージや言葉がう浮かんできたりします。


私達は
いわゆる雑念が浮かんできても
それにバツじるしをつけないでくださいとお伝えしています。

その浮かんできたもの
にぐっと入り込むの(考え込む)のではなく、
「あー浮かんできたな」って無条件にうけ入れて流します。


そしてまた呼吸に意識をもどします。


この繰り返しです。


だから
雑念大歓迎です。


だってその
雑念にこそ
大切な何かが隠されているから。

例え小さなことでも決して自分にバツをつけない。



ご安心ください。
例え訳のわからないイメージだったり言葉でも、坐禅後にワークを通じて深めていきますので。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1560.JPG

感謝ダイアローグ主催
「初めての坐禅会」開催いたしました。

FbK0wJF60u.jpg
お足元悪い中
ご参加いただきましてありがとうございます。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1565.JPG
GevZdJs8w_.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1563.JPG
今回、座るのが苦手なお客様もいらっしゃり、寝禅(ねぜん)をオススメしてやってあいただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1560.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1561.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1559.JPG
坐禅のあとの
心を感じるワークの中でたくさんの氣づきを得られたようでした。


参加者の方からステキな感想をいただきましたので一部抜粋して載せさせていただきます。


●「初めての坐禅会」参加者感想

ずっと探し求めていたものに出逢えた気がしました‼︎人間関係のしがらみやら、自らの弱さや強さにも臆することなく触れることができました。
縁あって、このように知り合えたことも大変に光栄に思います。
誰にも言えなかった、自らの内面を話せたことで気持ちが晴れた気がします‼︎
ありがとうございました。

藤川 正一郎 様         会社員


iNcyaY5biS.jpg
とても内面で色んな思いをお持ちの藤川さん。
そして自分自身を客観視できるすばらしい方です。
今回の坐禅会で自分自身としっかり向き合って整理できたのではないでしょうか。
坐禅会終了後には晴れ晴れした表情でした。


次回は
12月3日に行います。
次回は、食禅(しょくぜん)です。

お楽しみに!!

pN5O2PVSrA.jpg


感謝ダイアローグ
対話師の鈴木隆行です。

「答えは自分の中にある」

私が、対話カウンセリングをしているときに、大切にしていることです。



だから
私はアドバイスは基本的にはしません。

それよりも、その人が安心安全は氣もちでいられる場所を提供できるようにどうしたら良いかを意識しております。


なんでこんなお話しをするのかというと?



先日ね、

これ坐禅の効果かなっていう不思議な体験をしました。


ある日の夜に
うちのスタッフと仕事の事で話をしていました。

その話し合いの中で
私が熱くなって

テーブルにある食器とかお碗とか
バーんって吹き飛ばして
テーブルをバンバンって

感情を爆発させてしまったんです。
(仕事の事になるとかなり性格が変わることを最近氣づきました。)


一年前の自分なら
その湧き出てきた感情に飲み込まれていたことでしょうが、

しかしこの時は違ったんです。


その感情がぐわーと湧き出てきた
自分を

冷静に見つめている
もう1人の自分が

私の頭の後ろらへんにいるんです。


感覚的には

テレビのカメラ1が感情荒だててる自分

テレビのカメラ2が冷静な後ろの自分


テレビみたいに、カメラがうつりかわるみたいに今の状況を映し出してる感覚。


そうなるとどうなるか?


感情をあらだててる自分と距離を置くことができるんです。



そしてしばらくすると
カメラ1とカメラ2を
自在に切り替えられるようになります。

感情を出しつつ
それを冷静に見つめ制御できます。




しかしそれだけではなかったんですよ。


この続きは次回のブログにてー


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1548.JPG
感謝ダイアローグ
〜初めての坐禅会〜
専用ページが完成いたしました。

次回の坐禅会開催情報の確認、申し込みが出来ます。

https://peraichi.com/landing_pages/view/kansyadialog

↑このページのトップへ