心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0072.JPG


何十年も仲良く一緒にいる夫婦だと、
相手のことを

"空氣みたいな存在"になる
とよく節々に聞くことがありますが、
これは自然なことだと感じるわけです。


私は結婚はしていないので、
夫婦の話だったり体験談はありませんが、

"聴く" 仕事をしていると、
「熟年の夫婦はこんな感じなんかなぁ?」
なんて感じることがあります。


それは、

他者との境界線が薄くなる感覚。


先の、空氣の感覚に近いような氣がします。



つまり、
"我"と'我"の向き合い方じゃなく
一つになる感覚。


水があるでしょ?
水槽に閉じ込めた水が自然な海の水に返される感覚。


だから、

相談者と言葉を交わさなくても、
なんとなく相談者の氣持ちが入ってくる。
※わかったつもりになりたくないのでわかったとは言いません。


だから
言葉はいらない。

言葉はなくとも
繋がっている感覚。

だから不安がない。


相手の氣持ちが入ってくるから
自分の氣持ちも相手に流れている感覚がある。


不思議です。


"以心伝心"
"阿吽の呼吸"

昔からある言葉も
きっとこの感覚のことかなと思います。


流石に、27年やってると
最近は多少距離があっても相手の事がなんとなく"聴こえる"ような氣がします。


私は、宗教家じゃないので
"超能力です"  とは言いませんが、
単純に自分の中で意識していることが変わっただけ。


自分を受け入れる

自分の良いところも自分のダメなところもね。

難しかったら、
自分をちゃんと受け入れてくれる人をパートナーにもつ。

自分を受け入れる事が出来れば
他者の良いところも良くないところも
受け入れられるように少しずつなってきます。


そうすると
自分と他者の境が薄くなってきます。



まんざら、
ドラゴンボールの世界も
夢絵空事じゃないのかもしれません。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0050.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院 のホームページがリニューアルしました。相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。時代に合わせてしなやかに変化でき、悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。〜心治し元氣院〜真心氣光院 専用ホームページはこちらから

http://k-dialog.com/