Ziy5IeqK8F.JPG
心治し元氣院 真心氣光院
対話師の鈴木隆行です。





先日、
ある女性の方の相談を受ける機会がありまして、
旦那さんがいるのですが、

「自分の氣持ちをなかなか伝えられないんです…」

その女性、
友達や会社の同僚など
周りの人になかなか自分をオープンに出来ないことに苦しんでおりました。



しかし
驚くべき事に
その女性

その後、私にかなり深い

6時間 自分の話をしてくださいました。
※終電の時間がなかったらもっと話していたかな?


話すたびに
まるで心の膿を吐き出すように
笑顔が増えていき、表情が明るくなりました。




「なかなか自分の事が話せない…」
「なかなか自分をオープンにできない…」
「なかなか自分の氣持ちを言えない…」

そんな悩みは、年齢問わず
今非常に多い。


会社や家庭の中で
「自分を出せない」
のは、窮屈です。



でも、
私が
この仕事をしていると、

一冊の本がかけるんじゃない?
と思えるくらい自分の話をしてくださいます。




私は
今の世の中
聴き手として感じるのは、

自分の氣持ちが言えない人が増えた
というより
他者を受け入れてくれる環境が少なくなってきているのではないか?
と感じています。


私は
20代の若い世代の話を聴く機会もあります。
※自分の枠を狭めないためもある。

ちゃんと話を聞けば、
会社や大人達、広く言えば社会に対しての
意見をしっかりもっています。


その中で、
やっぱり
「話を聞いてくれない」
「価値観を押し付けてくる」

みたいな窮屈さを感じている若い世代も多い。




自分を受け入れてくれる環境
って
抽象的な表現をしましたが、

自分を受け入れてくれる人です。




コミュニケーションが希薄になっている
なんて世間では言われていて、若い世代が問題視される話がありますが、私はそんな単純な問題では無い氣がするんです。

コミュニケーションの始まり
人と人が交わる始まりというのは
"受け入れる"ことです。


でも
それはスキルの話ではありません。

聴き方
受け入れ方
も大切ではあります。


でも、
そもそも
人として大切なことってなんだろう?
その道徳心が大切な事であります。


人には心があるから
感じなければなかなか行動できません。



目の前で困っている人がいたら
目の前で泣いている人がいたら
あなたならどうしますか?
どう感じるでしょうか?

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0016.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院 のホームページがリニューアルしました。相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。時代に合わせてしなやかに変化でき、悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。〜心治し元氣院〜真心氣光院 専用ホームページはこちらから

http://k-dialog.com/