_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0003.JPG


ガンや
高血圧
うつ病
など

現代病といわれる身体の不調に苦しむ方が増えてきている昨今。


その原因は
様々です。


その中でも
特に増えているのが
"糖尿病"であります。
  


最近は、
健康を維持する為に
食品にも
"低カロリー" "カロリーゼロ" 
などを謳う食品が人氣だったりします。


当然、

摂取カロリー〉消費カロリー

になれば、肥満の原因になってしまいます。




例えば、
熱中症の予防にスポーツドリンクがあります。
一般的なスポーツドリンクに含まれる糖分濃度は、

ペットボトル一本あたり30グラムの糖分が含まれています。

角砂糖でいえば6個分にあまります。

125カロリーと、ご飯茶碗半分ほどのエネルギー量があるため、普段からガバガバ飲んでいたら太りやすくなります。



でも、この糖分には重要な役割があります。

運動や暑い日に汗をかいて失われた水分と塩分は一緒に補給する必要があります。

ただの塩水では飲みづらいため、
糖分を入れることで飲みやすくなる。


さらに
砂糖には
"ブドウ糖" と "果糖" という2種類の糖から出来ています。

ブドウ糖には塩分と共に水分の吸収を促進する効果もあります。


しかし、
最近流行りの、"人工甘味料"  があります。

甘いのに カロリーはゼロです。

運動でカロリーを消費してダイエットには最適のように思えてしまいますが、それは大きな間違いです。


私達は、なぜ?
甘いものを美味しく感じのでしょうか?

糖分は、小腸で吸収され、タンパク質の働きで速やかにエネルギーになります。
体を維持し、疲れを回復させる栄養素で、脳の活動にも必要です。


人工甘味料は、腸から吸収されますが、
代謝はされないのでエネルギーを生み出しません。




エネルギーなならないことで脳は騙されてしまいます。

人工甘味料という異物が体に入り、腎臓に送られて排泄されます。

一見ヘルシーに見えてくる人工甘味料ですが、
体内の糖の代謝に影響を与え、糖尿病の発症リスクを高める可能性が高い。


人工甘味料は砂糖と違って血糖値を上げる事はありません。
しかしながら
代謝されず、身体に異物として
身体の毒素として影響を及ぼす危険があります。



便利に
氣軽に健康になれると言われるものはたくさんあります。

でも、
大切なのは
その便利さに依存するだけじゃなく
しっかり自分自身に"心"を向けること。

それが、一番の健康法なのです。





7hEVZLg7GF.JPG
⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院 のホームページがリニューアルしました。相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。時代に合わせてしなやかに変化でき、悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。〜心治し元氣院〜真心氣光院 専用ホームページはこちらから

http://k-dialog.com/