qkh6zMm_Uu.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0017.PNG


宇宙の片隅で 今つぶやいた 
君の言葉はもう 君のものじゃない


繋がりの糸を手繰って 
貴方の顔も見えずに 
交信する僕等まるで UFO



未来を予言した 
言葉はどれも 
何かが滅びたり 何かが終わったり


手を取り合い 
この世界が 一つにつながると叫んだ

あの歌の理想はここですか?

違う気がするんです



君に会いに行こう 
その目を見ながらじゃなきゃ話せない

贈り合おう 
「時間」という究極のGIFTを

寂しがりやのまわりほど 
ぶら下がってる UFO
眩しくて 君が何処かも見えない




初めて会う時にもう 
お互いの事 
手に取るように分かる人達ばかり


取扱説明書 
配られてから始める

スリルもミスもないコミュニケーション 


違う気がするんです





むき出しの感情 
映し出す場所は きっとその中じゃない


指先じゃ その心に届かない…



迷子になってるあの子を 
この薄っぺらな画面から
助け出す サイレン は誰が鳴らすの?




だけどなんだか温かくて 
思い通りの自分でいられるんだ…

どちらが本当の姿か? 
君も見失う程

でも 一日もたないバッテリーの中に

数えきれない程の 
絆をいくつ詰め込んでも
0%の闇は 一人きりの君を逃がさない 


違う気がするんです



君に会いに行こう 
その目を見ながらじゃなきゃ話せない

贈り合おう 
「時間」という究極のGIFTを


迷子になってたあの子も 
この変幻自在なデバイスより
眩しくて 不器用な場所見つけた



むき出しの感情 
ぶつける場所はいつでも 僕で良い

寂しさだって怒りだって 
君の表情つかさどってるんだ

だから 

いつか心から笑える日の為に
クシャクシャの泣き顔 
見せて


さぁ行こう あの日の君を連れ戻そう 
未来へ

走り出す サイン は僕が送るよ



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0016.JPG