対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3420.JPG


相談者の方に良く言われるのが、

「どうしてそんなに強い人間でいられるんですか?」

そう言われる事が結構あります。

「そんなに強くないんだけどなーー」
と思いつつ聞いているわけですが、


そもそも

"強い人"
"強い心を持ってる人"

ってどんな人なんだろう?
と真剣に考えてみました。



●泣かない人
●弱音を吐かない人
●弱点のない人
●くじけない人
●身体〔こころ〕の丈夫な人

とりあえず思い浮かぶだけ
書いてみるとこんな感じでしょうか?



先に書きました。
「どうして強くいられるんですか?」
とよく質問される私ですが、

実は、この項目
一つも当てはまりませんでした。

よく泣くし
弱音をはくし
くじけるし
弱点だらけ

です。


つい先日も、
人前では泣かないんですが、
先輩の歓送迎会で皆んな人の前で泣いてしまいました笑

23歳くらいの時、
関西に彼女がいて遠距離をしていた時なんて、
久しぶりに会って別れる時、
笑顔で別れたあと、
寂しさの余り、
帰りの新幹線のホームで

2時間
1人で
泣いて泣いて
毎度、ホームの車掌さんに心配されて
いたこともあったり
涙エピソードだけでも語り尽くせないくらいあります。



強いといわれるひとほど

たくさん泣くし
たくさん弱音をはくし
きっと弱点だらけ

人前ではみせないからなかなか
周りはわかりづらいだけ、


でも、
泣いた分だけ
弱音を吐いた分だけ
弱点で苦労した分だけ

きっと

人の氣持ちを理解できます。
辛い人、弱い人の氣持ちがわかります。


そうすると、

周りに優しくなって

優しくしたぶんだけ、
周りが助けてくれたり、優しくしてくれる。

強い人=周りの支えがあるから

だと思います。


だから

強くなりたいなら

たくさん泣いて
たくさん弱音を吐いて
弱点だらけでもいい
身体が弱くてもいい

弱いところがあっていいんです。

人は1人じゃ
強くなれない。

たくさんの人の支えがあって
人は強くなれるのです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3134.JPG


⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓


対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。



uCdl1d3UQy.jpg
先週、
自然療法体験会に来てくださったある50代の男性。

糖尿病 と診断され
薬物療法と食事療法で日々頑張っているクライエントさんが当院にいらっしゃいました。



糖尿病とは、
ブドウ糖が血中に増え、血糖値が上昇してしまう病です。


糖尿病の根本原因は、
肝臓の機能低下にあります。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3432.JPG
肝臓の働きの一つに
糖の貯蔵機能があります。

肝臓に貯蔵する際は、
脾臓からインシュリンというホルモンと結びついてエキスになり
その状態で保存されます。

しかし
現代は、
ストレスや添加物の多い食事やらで
肝臓が疲れやすくなってます。

だから
肝臓がちゃんと機能せず
貯蔵されないまま、血中に流れ出してしまう。


よく、糖尿病の治療に
インシュリンを摂取したり注射したりしますが、いくらインシュリンや投薬をしても、もとの肝臓が疲労したままなら良くなるはずがない。


ならば、肝臓を強くするほかありません。



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3347.JPG

そこで、
使うのが
こんにゃくですね。

10分鍋にかけて
芯まで温めて
タオルで包んで患部に当てていきます。


30分あてていると、
身体中の血流がみるみる流れていきます。

肝臓は
体内の浄化槽でもあります。

血行を良くすることで
血中浄化機能を助け、血液内の毒素を排泄する手伝いをしていきます。

また、代謝がよくなるので細胞が元氣になります。


50代の男性も開始、5分後には
熟睡してしまい、
10分後には、
腸がグゥーっと鳴り止まず
ぜん動運動をはじめました。

これは、
副交感神経が優位になり
腸が活発になりはじめているんです。

リラックスすると、血流がよくなり
身体が喜んでいる証拠です。


1時間後には、
施術を受ける前に比べて
顔色もよく、スッキリした表情で
なにより
目がキラキラしてました。


現代医療に比べて
"即効性"にはかけるかもしれません。

しかし
病の根本をしっかりみて
そこと向き合っていく心構え
病を根本解決になるのだと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3323.JPG



⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓

対話師の鈴木隆行です。


◼️ストレスに強い心身をつくる◼️
ストレスを受けない生活というのは、難しいのが現実です。
だから、ストレスに強い心身を作る第一歩は、
"ストレスを受けると私達の身体はどうなるのか?"  
これを知ることが大切ではないかと思います。 ブログバックナンバーでは、様々な症状と自律神経の関係を書いてあります。
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。





昨日、21日は
"自然療法体験会"を開催させていただきました。

Fqggyi7qQB.jpg
↑自宅兼施術ルーム

今回も、ご参加いただきましてありがとうございます。

体験会は、
普段、身体の病やこころの病で悩まれている方に、
"薬を使わない"自身の身体の力で改善、予防をしていく"自然療法"を身体で体験していただく会になっております。



私自身、
もとはカウンセラーでありまして、
27年前より学んでまえりました。

カウンセラーは、
"相談者の悩みを聴かせてもらう"
ことがメインの仕事です。


しかし、
同時に学んでいく中で 違和感 も感じておりました。


「現代はストレスが多すぎて、
話を聴くだけではなかなか相談者のサポートをしきれないのではないか?」

時代にあっていないのではないか?


相談者の方からすれば、
聴いて貰えるだけで楽になるし
また明日から「頑張ろう」という氣もちになってもらえたりする。

 でも同時に
現代はストレスが多すぎて
心の病を発症したり、身体の病を併発したりします。しかも本人が氣がつかない間にです。


当然、発症すれば
傷つくのは相談者であり、
そこから、日常生活や社会復帰するのが難しくなります。

つまり
心が、目まぐるしい現代社会に
追いついてないのです。



なぜなら、
現代医療の限界がそこにあるからです。


現代医療は
痛くなれば、その痛みの原因をよくする。

"対処療法"がメインです。


悩みがあって
その目の前の悩みをいくら解決しても、
その悩みの、根元にふれてはじめて目の前の日常生活に対する見方がかわる。


病も同じです。


病氣を病氣としてみるのではなく。
悩みをだだの悩みとしてみるのではなく。


その
根元と向き合う。



それは、
大変で時間がかかるかもしれない遠回りかもしれません。

でも、
その遠回りこそが "近道" だったりします。


そのためには、
私たち自身、サポートする側も
病としてみるのではなく、
その人、1人1人としっかり向き合い、
その人の、人生と向き合っていく

心構えが必要になってくるのです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3420.JPG

⬛️真心氣光院からのお知らせ⬛️

〜心治し元氣院〜 真心氣光院  のホームページがリニューアルしました。
相談者の意見やアドバイスをもとに日々進化しております。
時代に合わせてしなやかに変化でき、
悩める人の、"心治し"にサポートが出来るように日々精進してまえります。

〜心治し元氣院〜真心氣光院  専用ホームページはこちらから↓

↑このページのトップへ