いくらなんでも酷すぎますよね、リーネさん。
振られ続けて…。