kuchibiru-9.jpg

『さよならくちびる』イベントに小松菜奈、門脇麦、成田凌登壇

居場所を求める若者たちの恋と青春を描いた音楽映画『さよならくちびる』が5月31日に全国公開。公開に先駆けて5月21日にタワーレコード渋谷店にてイベントが行われ、小松菜奈、門脇麦、成田凌が登壇した。

劇中で小松と門脇はギターデュオ『ハルレオ』として活躍。2人の付き人兼ローディーを成田が演じる。同作の主題歌のプロデュースを秦基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当。ハルレオは5月22日に主題歌『さよならくちびる』をリリースし、実際にメジャーデビューする。

観客の歌声に小松菜奈、門脇麦感動「うるっときちゃいました」

CDデビューについて門脇は「ドキドキより嬉しい気持ちのほうが大きいです」とにっこり。楽曲については「秦さんにもあいみょんさんにもプロモーションに入ってからの方がお会いしてます。終わってからいろいろ聞かせていただいて、そうやって作ってたんだ、みたいな」とコメントした。小松は「秦さんはレコーディングのときにいてくださって、優しく指導してくださいました」と笑みを浮かべた。

kuchibiru-11.jpg
kuchibiru-12.jpg

付き人役を演じた成田は小松と門脇のことを「特等席で観れるんですよ。2人とお客さんと、みたいな。実際すごいですよ、あいみょんさんと秦さんが歌ってる曲をまず聴いて、完成してるなって思ってたけど、2人が歌ってるの聴いてこれで完成なんだなって」と絶賛。また「この2人がいればこういう空気になりますし、存在してくてるだけでありがとうございますって感じです」と話し会場を笑わせていた。

MCからギター演奏について聞かれた成田は「よく聞いてくれました。僕もちょっとは頑張ったってことをこの場では言いたい。手元とかも自分でやってるので」とアピール。さらに、今はもうできないことを明かし「続けますってそのときは思うんですけど、海外から帰ってきたときの英語やりますみたいな感じですね。やらないですね(笑)」と語った。

kuchibiru-10.jpg

同イベントではキャスト陣が『さよならくちびる』を観客と歌う企画も実施。観客の歌声を聴いた小松は「いろいろ思い出しちゃった」と語り、感動している様子を見せた。門脇は感動に包まれている会場を見て「うるっときちゃいました。出てくるとき、盛り上げないとねってさっき話してたのに(笑)想像以上にみなさんの歌声が優しくて」と微笑んだ。

小松は最後に「良い機会を作ってもらって、撮影のときを思い出してぐっときますし、良い歌だなって純粋に思いました。いろいろプロモーション活動してきて、ギターの最初のときから歌も歌ったり、大変というか、みんなで作り上げて、あいみょんさんと秦さんにも素晴らしい曲を提供していただいて。幸せだなと思いますしたくさんの方に観ていただきたいです」とメッセージを送った。

『さよならくちびる』
2019年5月31日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ギャガ
©2019「さよならくちびる」製作委員会

●ギャラリー

kuchibiru-1.jpg
kuchibiru-2.jpg
kuchibiru-3.jpg
kuchibiru-4.jpg
kuchibiru-5.jpg
kuchibiru-6.jpg
kuchibiru-7.jpg
kuchibiru-8.jpg
kuchibiru-13.jpg
kuchibiru-15.jpg


発信地・日本



関連記事