osoroshiikodomo-5.jpg

舞台『恐るべき子供たち』ゲネプロに南沢奈央、柾木玲弥ら登壇

KAAT芸術監督・白井晃氏が手掛ける近現代戯曲シリーズ最新作『恐るべき子供たち』が5月18日より開幕。公演に先駆けて5月17日にKAAT神奈川芸術劇場にて報道陣向けの囲み取材とゲネプロが行われ、南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大、馬場ふみか、白井晃氏が登壇した。

同作は4月に同劇場で上演された『春のめざめ』同様、思春期の少年・少女を主人公にした作品。フランスの劇作家ジャン・コクトーの中編小説を原作に、ノゾエ征爾が戯曲化を手がけた。

南沢奈央 柾木玲弥を「本当に弟みたい」

外界を知らずに成長し、弟との『王国』を守ろうとし続ける姉・エリザベートを演じる南沢は、カンパニーの雰囲気を「今回みんな子供役で、喧嘩したりとか遊んだりって感じなので私がリーダーって感じでもなく、和気あいあいとやってますね」とコメント。また「みんなはまり役というか。特に松岡くんは、一番歳下なんですけど、一番間に立って取り持ってくれてて助かってます」と松岡を絶賛していた。幼稚で享楽的な価値観のまま成長していく弟・ポールを演じる柾木については「本当に弟みたいで。ちょっと優しくすると照れる、みたいな。のど飴あげようとすると『いらない』って逃げる、みたいな(笑)それに私が『受け取ってよ!』って言ったり」と暴露した。

osoroshiikodomo-1.jpg
osoroshiikodomo-3.jpg

役を掴んだと実感したタイミングを南沢は「それこそ稽古始まって何日かして、みんなと打ち解けて遠慮しなくなってからですかね。壁をといたときがあったんですけど、そのとき白井さんに『エリザベートっぽくなってきた』って言われて、白井さんのヒントを頼りにエリザベートを作ってる感じですね」と回顧。柾木も「稽古をする中で、やっていく中で掴んできましたね」と振り返った。

同作が初のストレートプレイとなる松岡は、今までの舞台との違いを「しっかりと言葉の意味を伝えるということに対しては今まで以上にエネルギーを持って考えなければいけないなと思いました。今までが考えていなかったわけではないんですけど、より作品として昇華していくためには言葉を届けることと、観ている人に伝えることが非常に大切だと思いました」と語った。

男女2役を演じる馬場は「2つの全然違った目線で作品に対して考えることが出来るのですごく面白いなと思うのと、2役のスイッチングの難しさを感じてます」と心境を明かした。

osoroshiikodomo-4.jpg
osoroshiikodomo-2.jpg

最後に南沢は「今回はヘアメイクから衣装からセットも特殊だし、素晴らしい環境でやらせていただいていて。こんなにシンプルなのは初めてってくらいシンプルな舞台で、リングの上に立たされているみたいで。最後までみんなが全力投球して芝居をやるっていう、そういうエネルギーがある作品にしたいと思っているのでぜひみなさん期待してください」とアピールした。

●ギャラリー

osoroshiikodomo-6.jpg
osoroshiikodomo-7.jpg
osoroshiikodomo-8.jpg
osoroshiikodomo-10.jpg
osoroshiikodomo-9.jpg


発信地・日本



関連記事