IMG_6075.jpg

松坂桃李ら登場 映画「居眠り磐音」公開初日

俳優の松坂桃李が、5月17日に都内で行われた映画「居眠り磐音」の初日舞台挨拶に出席。同舞台挨拶には主演の松坂のほか、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、石丸謙二郎、谷原章介、本木克英監督が登壇した。

松坂桃李、杉野遥亮の「僕のヒーロー」発言に「杉野もいつかそういう風になる」

松坂は「大変なことの連続でした。構えからどうすればいいかとか。撮影した時期が非常に寒くて大変でしたね」と撮影を回顧。また、「佑さん、虫歯で腫れてませんでしたっけ」と柄本の頬が撮影時に晴れていたことを暴露すると、柄本は「関係ないの。ただほっぺたが腫れてたんですよ」と弁解し、松坂は「メイクさんが、『これすごいやろ〜、これ佑腫れてんねん』って言って見せてきてましたね(笑)」と笑った。

IMG_6032.jpg
IMG_6052.jpg

その後、出演者らが同作の魅力を語る中、杉野には『自分の髷(まげ)姿を見てどう思ったか』という質問が。杉野は「似合ってるかもなーって思いました。・・・僕だけ質問おかしくないですか?(笑)」と苦笑し、「母親に髷が似合ってると言われたんですよ。『おれもそう思う』って言ったら『産んだの私だからね』って言われました」と明かした。

それに対し松坂は「似合ってたよね。すごくバチってはまってました」と言い、柄本は「おれは髷が似合ってるなと思いながらやってました」と話すと、会場からは「杉野くんかわいいー」という声が上がっていた。

IMG_6167.jpg
IMG_6144.jpg

『自分のとってのヒーローは?』という質問には、松坂は「父ですかね。磐音みたいにものすごくおっとりしてるんですよ。声も小さいですし、母親がワーッて喋って、父が『ん、ん』って。武士か、みたいな。でも子供たちが喧嘩したりして怒る時の緩急に背筋がピッとするというか。今思うと本当に磐音みたいでしたね」と回答。

同じ質問に木村は「ヒーローは松坂さんだなって。宣伝でバラエティ番組に出させていただくと、慣れてなくて何をしたら良いかわからなくなるんですけど、松坂さんが全てを完璧にやってくださるから、隣でニコニコしていればいいという状況になるんですよ」と答え、松坂は「いやいや…。なんでもやります」と謙遜し、照れた様子を見せていた。

IMG_6069.jpg
IMG_6068.jpg

さらに柄本が「僕は杉野さんですかね。初対面での殺陣って緊張するし、思いっきりいけないんじゃないか、とか不安だったんですけど、杉野氏のこのキラキラの目を見たときに『あ、大丈夫だ』って思えました」と語ると、杉野は「柄本さんはこう言ってくれてるんですけど、僕は松坂さんがヒーローです。デビューの時から近くで見てくれているというか、僕が見させていただいてるんですけど、頑張って頑張って、こうやって同じ作品に出させていただいても、さらに先を走っているというか。バラエティ番組とかでも、拙い僕をフォローしてくれて、ヒーローだな、と」と目を輝かせ、松坂は「うちの事務所はそういう方針でやってるんで、いつか杉野もそういう風になるんではないでしょうか」と笑みを浮かべていた。

IMG_6196.jpg

【STORY】
友を斬り、愛する人を失った。 男は、哀しみを知る剣で、悪を斬る。
主人公・坂崎磐音(松坂桃李)は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の 奈緒(芳根京子)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となったー。
江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として 働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の 娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会っ た大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう―。

ギャラリー

IMG_6038.jpg
IMG_6054.jpg
IMG_6040.jpg
IMG_6043.jpg
IMG_6044.jpg
IMG_6059.jpg
IMG_6061.jpg
IMG_6141.jpg
IMG_6168.jpg
IMG_6172.jpg
IMG_6176.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加