OS42b8FO7D.JPG
<©『電影少女 2019』製作委員会>

山中崇・松井直人『電影少女2019』出演

乃木坂46の山下美月と俳優の萩原利久がW主演を務める、毎週木曜深夜1時から放送中の木ドラ25枠『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-(テレビ東京系)』に、俳優の山中崇と市川理矩がゲスト出演する。

RDRD5yGCjK.jpg
sNbk9uO4SF.jpg
<©『電影少女 2019』製作委員会>

山中は、武田玲奈演じる朝川由那の映画デビュー作品の監督役として出演。青年時代の松井直人役には、子役としてデビューし、数々の作品に出演するなど注目の若手俳優・市川に決定した。現在、物語はいよいよ佳境に。マイを再生し軟禁している松井の目的に迫る。

市川理矩『松井直人(青年時代)』役:コメント
松井青年役を演じさせて頂きました、市川理矩です。
「電影少女 2019」という作品に関わらせて頂けた事にとても嬉しく思っています。
25 年前、松井直人の過去に何があったのか...
その大切な部分を演じさせて頂きました。
松井青年の登場を是非楽しみにしていてください!

5zEkgdFenZ.jpg
IkDBJmRGoe.jpg
<©『電影少女 2019』製作委員会>

第7話あらすじ
健人(萩原利久)の部屋から姿を消したビデオガール・マイ(山下美月)は、学校の教師・松井(岡田義徳)に軟禁されていた。松井は、これまで学校で起きた不可解な事件や、過去に自分の身に起きたある事件をマイに聞かせ、マイが忘れていた記憶を思い出させようとしていた。
そのころ健人は、由那(武田玲奈)が家に来た時から、マイのビデオパッケージが無くなっていることから、マイを消したのは彼女の仕業だと責め立てる…。

QYAabJJXNo.jpg
tKWF1a5aO6.JPG
<©『電影少女 2019』製作委員会>

発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加