puromea-15.jpg

映画『プロメア』完成披露舞台挨拶に松山ケンイチら登壇

今石洋之監督と脚本の中島かずき氏がタッグを組む完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日に公開。それを記念して5月15日に都内の劇場で完成披露舞台挨拶が行われ、松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシ、古田新太、佐倉綾音、今石洋之監督、中島かずき氏が登壇した。

松山ケンイチ 早乙女太一に色気を感じる「男性でもムラムラする」

主人公ガロの声を担当した松山は同作について「驚いたのは色ですかね。最初から色の鮮やかさ、炎だったり水だったり氷だったり。そういう表現が見たことのない感じだったので引き込まれました」と絶賛。役柄については「かずきさんが書いてくれる、僕がやらせていただく役は大体馬鹿なんですね。また馬鹿やったらいいのかなって思いながら、馬鹿をやるにしても熱さ、馬鹿加減を届けなきゃいけないかなっていうので。実写とは違っていたので悩んだりしながらやってたんですけど、この空間が大好きなんだって気持ちで楽しく収録は終えてました」と振り返った。

puromea-1.jpg
puromea-4.jpg

早乙女と堺との収録を松山は「最終的には3人で7歳の子どもに返ったような気持ちで必殺技とかしてましたね」と回顧。早乙女は「めちゃくちゃ楽しかったです」と笑みを浮かべた。さらに松山について早乙女は「松山さんは本当にガロのような熱さで。最初現場に入ったときに、印が出て、何秒くらいで台詞を言うかをなんとなく見ましょうみたいなことがあったんですよ。そしたら一発目から『わー!!』ってやりだして。全然その印見てないんですよ(笑)それくらい全力だったから感銘を受けました」と暴露。会場は大きな笑いに包まれた。

松山は早乙女について「太一くんは色気がある。これはなんか男性なんですけどムラムラするっていうか(笑)」と告白。それを聞いた早乙女は「気持ち悪いな」と笑っていた。続けて堺についても「堺さんは堺さんで二面性がある。それもそれでムラムラしてたんですけど」とコメントし、早乙女から「ずっとムラムラしてたんじゃないですか(笑)」とツッコまれていた。

puromea-3.jpg
puromea-5.jpg

収録では大きな声を出していたという堺は「収録が終わって松山くんはしばらく寝込んだようです。僕は消炎剤が手放せませんでした(笑)」と話し、全力で役に向き合っていたことを明かした。

最後に松山は「僕が感じるのはすごく熱い映画だなと思ってます。時代時代で価値観が変わっていくように、熱さや硬派も変化していってると思うんですけど、時代にマッチしてると思います。新しいものとして皆さんに届けることが出来ると思います」とアピールした。

映画『プロメア』
5月24日(金)全国ロードショー
東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

puromea-10.jpg

●ギャラリー

puromea-2.jpg
puromea-6.jpg
puromea-7.jpg
puromea-8.jpg
puromea-9.jpg
puromea-11.jpg
puromea-12.jpg
puromea-13.jpg
puromea-14.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加