fabl-009.jpg

『ザ・ファブル』レッドカーペットイベントに岡田准一ら出席

南勝久氏原作の、人気コミックの実写映画『ザ・ファブル』が6月21日に全国で公開される。それに先駆け5月13日に都内の会場でレッドカーペットイベントと完成披露試写会が開催。岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、木村了、江口カン監督が登壇した。

舞台挨拶前に行われたプレミアイベントには、豪華キャスト陣がレッドカーペットに登場した。

「2人の夢が叶いました」V6岡田准一・福士蒼汰が共演に喜び レッドカーペットに豪華キャスト陣集結

レッドカーペットにリムジンが到着すると、車内からキャスト陣が登場。主演を務める岡田は、原作・劇中でも乗用する『ハコスカ』で遅れて颯爽とレッドカーペットに降り立った。

この日集まったファンから大声援を受けながらレッドカーペットを歩くキャスト陣。山本は、リムジンから降車する際にこけてしまったことについて「すみませんリムジンから降りる時にずっこけてしまい、今日はがんばります」と恥ずかしそうにしていた。

fabl-002.jpg
fabl-001.jpg

イベントではキャスト陣によるトークも展開。岡田は「アクションと笑いとコメディ要素と原作のシビアな部分が混ざってる作品です。福士君は、闘う役がやってみたいって言ってくれてたので、今回2人の夢が叶いました」と明かすと、福士も嬉しそうに笑みを浮かべた。

本作の見所について岡田は「監督は笑い部分を強く撮りたいとおっしゃっていたので、誰もが笑える作品になってます。アクションなどのシビアな部分もありますので、見ごたえがあります」とアピール。福士もそれに同調するように「すごいポップで明るいエンタメ作品ができたと思います」とコメントを寄せた。

柳楽は、「岡田准一さんとアクションがご一緒できて最高でした」と岡田との共演を喜び、向井は「天気もなんとか雨も降ることなくなんとか。最後まで楽しんでください」と呼びかけた。木村は「お集まりいただきありがとうございます。楽しい素敵な作品ができあがったとお見ますので、ぜひ劇場に足を運んでくださると嬉しいです」と笑顔。佐藤は「バブル期のよく見かけたリムジンにやっと乗ることができて幸せでした。本日は楽しんでいってください」としみじみと語った。

fabl-003.jpg
okada-10.jpg
fabl-005.jpg

監督を務めた江口氏は「忙しすぎて気づいてなかったんですけど、今日再集結してみるとすごい人達に囲まれてたと気づいた」と改めて豪華キャスト陣に目線を送っていた。

そのほか、報道陣向けのフォトセッションでは劇中にて主人公のペットとして登場する、インコの『カシラ』が出演。岡田の指に止まり羽をバタつかせながら、撮影に応じてくれた。

fabl-007.jpg

●ギャラリー

fabl-008.jpg
okada-4.jpg
okada-5.jpg
okada-6.jpg
okada-7.jpg
okada-9.jpg
okada-11.jpg
okada-15.jpg
okada-20.jpg
okada-16.jpg
okada-14.jpg
okada-17.jpg
okada-19.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加