toshimaen-12.jpg

『映画 としまえん』初日舞台挨拶に北原里英ら登壇

アミューズメント施設としまえんを舞台にしたホラー映画『映画 としまえん』が5月10日より全国公開。同日にはユナイテッド・シネマとしまえんで初日舞台挨拶が行われ、北原里英、小島藤子、浅川梨奈、松田るか、さいとうなり、小宮有紗、高橋浩監督が登壇した。

同作は東京都の老舗遊園地としまえんの都市伝説を映画化した作品。としまえん、西武鉄道、練馬区の全面協力のもと撮影された。

北原里英 主演映画をアピール「ホラーが苦手な方もギリ観れる作品」

撮影から約1年経って公開された同作。北原は「あれから1年経ったのかと思うと不思議な気持ちなんですけど、初日を迎えられてハッピーです。このユナイテッド・シネマとしまえんも聖地のようになったらいいなと思います」と笑みを浮かべた。

toshimaen-1.jpg

浅川は「としまえんは身近に感じていた遊園地なので、小さい子どもたちがとしまえんに来てる姿を見て長年愛されてるっていいな、と思いましたし、そこを舞台にした作品が公開されて幸せだと思いました。私も真面目なこと言います(笑)」とコメント。北原からは「初日仕様ですね(笑)」とツッコまれていた。

小宮は「ネタバレしそうな感じでドキドキするんですけど、2役演じてる感じだったので監督と相談しながらやりました。メイクとかもいろいろあったので、鏡を見た自分の顔が一番ホラーだったかなと思います」と話し、会場を笑わせていた。

toshimaen-4.jpg
toshimaen-3.jpg

撮影時から比べて成長した部分について松田は「私たちよりも観てるみなさんの方が感じてるかもしれませんね」とにっこり。北原は「全く同じ台本で、今の自分たちで『としまえん』を撮ったらなにか違うのかなとは思いますよね」としみじみ語った。小島も「久しぶりに観るとこうしたらよかったかなとか思うよね」と同調していた。

北原は、キャストについて「この映画を通して同年代くらいの女の子達と演じたので。お互いの活躍は気になってましたね。みんなのライブに行ったり、舞台に行ったりした1年だったので、出会えてよかったです」と語り、チームワークの良さを明かした。続けてとしまえんの想い出については「結構話し尽くしてきたんですけど、心残りがあって。横に温泉あるじゃないですか。あそこに行きたかったんですけど、なかなか営業時間内には撮影終わらなくて。それが心残りですね」と告白。小島も「寒い日とかもあって、行きたいねって言ってたんだよね」と頷いた。

toshimaen-5.jpg
toshimaen-15.jpg

フォトセッションではとしまえんのゆるキャラ、エルちゃんとカルちゃんが登場。キャスト陣からは「かわいい!」という声が飛び交い、北原は「ホラー映画じゃないみたい(笑)」と笑っていた。

最後に北原は「こうやってエルちゃんカルちゃんも並んでるとすごく明るい子ども向けの映画のように見えますが、内容は結構どろどろとしたホラーになってます。ですが、ホラーが苦手な方もギリ見れるホラー映画だと思っています。ホラー映画食わず嫌いの第一歩目の作品にしてほしいと思うので、みなさんキャストと共に宣伝がんばってほしいと思います」とアピールした。

『映画 としまえん』
5月10日(金)よりユナイテッド・シネマ としまえん ほか全国公開
©2019 東映ビデオ

toshimaen-7.jpg
toshimaen-11.jpg

●ギャラリー

toshimaen-2.jpg
toshimaen-9.jpg
toshimaen-8.jpg
toshimaen-10.jpg
toshimaen-14.jpg
toshimaen-16.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加