nagano_mei-001.jpg

永野芽郁『第27回 橋田賞新人賞』を受賞

女優の永野芽郁が『第27回 橋田賞新人賞』を受賞し、5月10日に行われた授賞式に出席した。

永野は、連続テレビ小説『半分、青い。(NHK系)』において、ハンディキャップを背負いながら、失敗を恐れないバイタリティで、挫折と回り道を重ねながら懸命に生きるヒロインの、40年に及ぶ人生を表現。多くの視聴者から指示を得たため、同賞の受賞に至った。

nagano_mei-006.jpg
nagano_mei-005.jpg

「橋田文化財団」の理事を務める橋田壽賀子さんが、『橋田賞』を受賞した菅田将暉を知らなかったことから、永野は「おそらくですけど、橋田先生私のことは?」と質問。橋田さんが知っていると回答すると、永野は「ありがとうございます!菅田さんやりました!」と得意げな表情で、ステージ前方にいた菅田にガッツポーズを見せた。

さらに永野は「『半分、青い。』という作品で、自分が生きたことのない時代から、年齢まで演じさせていただいて、悩むことも沢山あったんですけど、数え切れないぐらい大人の人たちに支えていただいた」と撮影を回顧。

続けて、「絶対ご一緒できないだろうと思っていた先輩たちとご一緒させていただいて、今年で成人を迎える年で、この賞をいただいて前を向いてお芝居というものに向き合って、人の人生を生きていくことの素晴らしさを教えていただきました」と感謝を述べ、「もう言うことはありません。これから皆様の目に止まって頂けるように一生懸命お芝居していきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

nagano_mei-007.jpg
nagano_mei-008.jpg

これを聞いた橋田さんは、「お幸せなドラマに出演なさったと思います。北川先生にも感謝なさってください」と鼓舞した。

『橋田賞』とは

hasidashou-005.jpg

優れたテレビ作品や俳優などに贈る『橋田賞』は、橋田壽賀子さんが理事を務める「橋田文化財団」によって1993年に創設された賞。今年で27回目を迎える同賞には、連続テレビ小説「まんぷく」の松坂慶子、「警視庁捜査一課長」「科捜研の女」の内藤剛志のほか、岡田将生、菅田将暉、橋田賞新人賞には永野芽郁が輝いた。

橋田賞
山田洋次(テレビドラマ「あにいもうと」などの脚本に対して)
松坂慶子(大河ドラマ「西郷どん」、NHK連続テレビ小説「まんぷく」での演技に対して)
内藤剛志(テレビドラマ「警視庁捜査一課長」「科捜研の女」シリーズなどでの演技に対して)
大泉洋(テレビドラマ「あにいもうと」での演技に対して)
宮崎あおい(テレビドラマ「あにいもうと」での演技に対して)
岡田将生(テレビドラマ「昭和元禄落語心中」での演技に対して)
菅田将暉(テレビドラマ「トドメの接吻」「dele」での演技に対して)
安住紳一郎(長年にわたりバラエティや報道番組で活躍してきた功績に対して)

橋田賞新人賞
永野芽郁(NHK連続テレビ小説「半分、青い。」での演技に対して)

平成30年度橋田賞新人脚本賞 入選作:「蜘蛛の糸」いとう菜のは
佳作:「52歳のエレジー」三谷武史

●ギャラリー

nagano_mei-002.jpg
nagano_mei-003.jpg
nagano_mei-004.jpg
nagano_mei-009.jpg


発信地・日本



関連記事

Dessartを友達に追加すると、特集記事が届くよ

友だち追加